弔電のお礼|弔電のマナー|冠婚葬祭のマナー|電報なら【ほっと電報】

  • ホーム
  • ご利用方法・料金
  • 商品一覧
  • サポート
祝電・弔電はソフトバンクグループの「ほっと電報」。115番やネットから、結婚式などのお祝いや、お悔やみへ最適な商品と豊富な文例をご用意しています。請求書でのお支払いも選べます。


~ お役立ち情報 ~

弔電のお礼

弔電/お悔やみ電報ページを見る

通夜や葬儀に参列することができない方から弔電をいただいたら、必ずお礼状を出します。

弔電のお礼状の文例

拝啓
このたびは弊社  代表取締役会長  ほっと太郎儀  葬儀に際しまして、ご多忙中にもかかわらずご丁重な弔電を賜り厚く御礼申し上げます。

おかげさまで葬儀告別式は滞りなく済ませることができました。
茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬ ご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具

平成○○年○○月○○日
ほっと電工株式会社
代表取締役  ほと電  花子様

〒□□□-□□□□  住所
ほっと商事株式会社
葬儀委員長  取締役社長  ○○○○
喪主   ほっと次郎
親族一同

弔電のお礼状のポイント

故人の名前はどう書くの?

次の二通りの書き方があります。

  • 「亡祖父  ○○○○儀」
  • 「故  ○○○○儀」

社葬の場合には後者をアレンジし、「弊社社長  故◯○○○儀」といった形で使います。

お礼の言葉は?

忙しい中を弔電や香典などの配慮をして頂いたことへのお礼の言葉を入れます。

お礼状はあくまでも略儀です。
本来なら直接お礼を申し上げるところ、書状でのご挨拶となった旨を伝えます。

拝眉の意味は?

文中の言葉「拝眉(はいび)」は、「会う」をへりくだって言うときに使う言葉です。(他に、お目にかかる。など)

差出人は?

喪主の名前を書きます。横に「親族一同」と書き添えます。

社葬の場合には、葬儀委員長が差出人になり、次に喪主、親族となります。


前へ  1 2

▲ページトップへ