おすすめ文例集

文例番号 文例 文字数
Z001 いつまでもお元気でいてくださると思っておりましたので、ご逝去のお知らせにただ驚くばかりです。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 73
Z002 悲報に接し、悲しみにたえません。ご遺族の皆様のお力落としをお慰めするすべもなく、ただ心よりご冥福をお祈り申しあげます。 59
Z003 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心からご冥福をお祈りいたします。 42
Z004 ご生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご功績を偲び、謹んでご冥福をお祈り申しあげます。 42
Z005 ご訃報に接し、惜別の情を禁じ得ません。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 41
Z006 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 28
Z007 ご生前のご功績を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 28
Z008 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 21
Z009 ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を捧げます。 22
Z010 ご訃報に接し、今はただご生前の優しい笑顔ばかりが思い出されます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、お祈り申しあげます。 60
Z011 ご逝去のお知らせを受け、驚きと共にお元気だったころの豪快な笑い声を思い出しています。まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。 93
Z012 突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと、悲しくてなりません。在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 78
Z051 突然の悲報に接し、驚きと共に痛惜の念でいっぱいです。ご家族の皆様にはさぞご心痛のことと拝察いたします。心よりご冥福をお祈り申しあげます。 68
Z052 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。どうかお力落としなく、ご家族の皆様が心をあわせて強く生きていかれますよう祈っております。 65
Z053 ニュースで悲報を知り、現実のこととは思えずただ茫然としております。ご家族の皆様のお力落としを思うとお慰めする言葉も見つかりません。心からご冥福をお祈りいたします。 81
Z101 先生のご訃報に接し、深い悲しみでいっぱいです。先生のお教えを胸にこれからも頑張りますので、見守っていてください。謹んでご冥福をお祈りいたします。 72
Z151 幼なじみの君と、永遠の別れの日がくるとは夢にも思わなかった。思い出がたくさんありすぎて、どうしたらいいのかわからない。僕もあとからゆっくりいくよ。ありがとう、さようなら。 85
Z152 親友の訃報を聞き、悲しみでいっぱいです。何事にも全力で取り組む彼の姿には私も何度励まされたことかわかりません。ご家族の皆様の悲しみは計り知れないものとお察しいたします。心からご冥福をお祈りいたします。 100
Z201 ●●様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心からご冥福をお祈りいたします。 46
Z202 ●●様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。ご生前のご功績を偲び、遠方より故人のご冥福をお祈りいたします。 58