おすすめ文例集

文例番号 文例 文字数
J001 この度の災害に対し、衷心よりお見舞い申しあげますと共に、皆様のご無事と一日も早い復興をお祈りいたします。 52
J002 この度の災害の報に、一同驚いております。皆様御無事でしょうか。すぐにも飛んで参りたいところですが、かえって御迷惑となりかねず、ただ遠方より気をもんでおります。 79
J003 広がるばかりの災害の報に、こちらは誰もが皆驚き、心配しております。もし何かお手伝いできることがございましたら、どうか何なりとお申し付けいただけますよう。一日も早いご復興をお祈り申しあげます。 95
J011 この度の水害被害をニュースで知り、皆様の安否が気がかりです。被害が少ないことをお祈りしますと共に、心からお見舞い申しあげます。 63
J012 水害の報に接し、皆様の安否を心配しております。被害が軽微であることを願っておりますが、何かお力になれることがございましたら、何なりとおっしゃってください。心よりお見舞い申しあげます。 91
J021 台風直撃の被害に遭われた由、伺いました。心よりお見舞い申しあげます。お疲れの中、復旧に努められていることと存じますが、お身体をお大事になさってください。一日も早く日常を取り戻されることを願っております。 101
J031 出火お見舞い申しあげます。皆様無事とのお知らせに安堵いたしました。お力落としのことと存じますが、早く元気を出してください。 61
J032 貴社火難の報、社員一同声もなく驚いております。近隣からの類焼との由、さぞ無念のことと拝察申しあげます。心よりお見舞い申しあげますとともに一日も早いご再興を祈っております。 85
J033 火災の報に驚いています。皆様がご無事で何よりです。何かお役に立ちたいので、お手伝いできることがあれば、何なりとおっしゃってください。 66
J034 ご自宅を焼失され、さぞお力落としのことと存じます。ご家族の皆様が力を合わせて、一日も早く日常を取り戻されますことを祈っております。心よりお見舞い申しあげます。 79
J101 お体の具合はその後いかがでしょうか。心よりお見舞い申しあげます。一日も早く全快され、元気なお姿を拝見できますことを願っております。 65
J102 奥様より入院されたと伺い、驚いております。お医者様の指示をよく聞いて、どうかしばらくのんびり静養なさってください。お元気になられて復帰される日を楽しみにお待ちしております。 86
J103 ご病状はいかがでしょうか。遠方ゆえお見舞いに伺えませんから、ほんの気持ちですがお見舞いを送りました。早く元気になってください。 63
J111 おばあちゃん、病気のぐあいはいかがですか。みんな心配しています。早くよくなってね。退院したらいっぱいお手伝いするよ。リンゴもむけるようになったんだよ。 75
J112 おじいちゃん、こしはまだいたいですか?おとうさんがおやすみがとれたら、みんなでおみまいにいきます。ようちえんでかいたえをもっていくので、たのしみにまっててね。 79
J113 おばあちゃんが急に手術だなんて、びっくりして泣いてしまいました。お母さんからは手術成功と聞いて少し安心しています。早くよくなってね。学校がお休みになったらすぐお見舞いにいきます。 89
J114 おじいちゃん、たいいんしてから、からだのぐあいはどうですか。なつになったらおじいちゃんのところにあそびにいくので、はやくげんきになってね。 69
J201 交通事故のお知らせに、大変驚いています。お怪我の具合は、いかがでしょうか。一日も早くご回復され、お目にかかれることを祈っています。 65
J211 おばあちゃん、おけがのぐあいはどうですか。こうつうじこにあったときいて、びっくりしたけれど、なおるけがでよかったね。わたしもくるまにきをつけます。はやくよくなってね。 83
J221 事故に遭われたと伺い心配しましたが、軽傷とのことで安堵しました。お休みの間、一同力を合わせて頑張りますので、仕事のことは一旦忘れて十分ご養生ください。一日も早いご回復をお祈りしています。 93