祝電の文字の値段はいくら?

メインビジュアル

祝電は結婚式に出席できないけれどお祝いの気持ちを伝えたい時に贈る電報です。祝電の送り方はいろいろな種類があります。最近人気のある送り方はメッセージとともにぬいぐるみやバルーンを添えて送る方法です。ぬいぐるみは結婚式が終わっても飾ることができ、バルーンは大きいものが多いので会場に華を添えることができます。メッセージには定型文があり多くの文例から選んで送ることができます。しかし定型文では気持ちが伝わりにくいこともあるので自分の言葉を送るとより一層気持ちが伝わります。ただし結婚式に使ってはいけない言葉もあるので定型文を参考にして注意しなければなりません。

そんな祝電のメインとなるメッセージですが、文字の値段はどうなっているのでしょうか。電報の料金としては商品料金にメッセージの長さに応じて文字料金が加算されていくタイプと、メッセージの長さに関わらず商品料金だけで送ることができるタイプの2つがあります。ただ商品料金に文字料金が含まれている場合は文字数は決まっています。

祝電には文例が多くあり、値段を見てみると64字の場合1370円、85字の場合1730円、91字の場合1910円となっています。商品料金と文字料金が別になっている場合はこちらの値段に商品料金が加算されます。一番低額な台紙は500円なのでそこに64字のメッセージを付ければ1870円で送ることができます。商品料金に文字料金が含まれている場合はサイズが行間小サイズであれば最大774字、署名は最大120字まで入力可能となっています。商品によっては入力可能数が最大90字までのものもあります。低額な台紙を選んで字数を少なくすればお得に電報を送ることができます。商品代金でメッセージ代も送ることができる場合は気持ちを最大限に伝えたいという時にお得な商品です。字数を気にせずに思いっきりメッセージを考えることができます。

台紙にはさまざまな種類があります。ベーシックからフォーマルまで。最近ではユニークなバラエティ豊かな物もあります。ぬいぐるみやプリザーブドフラワー、フラワー、バルーン、バルーンフラワーなどいろいろあります。結婚式後に部屋に飾ることのできるものから会場に華を添えてくれるものも数多くあります。この中から自分らしい台紙を選び自分の言葉でメッセージを書いて送れば結婚する二人にお祝いの気持ちがより一層伝わるはずです。結婚式に出席できない時は祝電を送ってみてはいかがでしょうか。

定番商品