同僚に贈る祝電の種類

メインビジュアル

会社の同僚の結婚式に出たいけれど仕事の関係で出られないという方は多いのではないでしょうか。そんな時は結婚のお祝いの時に贈る電報である祝電を送れば新郎新婦にも温かい気持ちを伝えることができます。そんな同僚に贈る祝電にはどのような種類があり、文例はどのようなものが選ばれているのでしょうか。

同僚に贈る祝電はフレッシュな二人の門出を華やかに演出してくれるものが人気です。メッセージとともに贈られて嬉しいのがプリザーブドフラワーです。ブリザーブドフラワーは生花を乾燥させたものなので長期間保存することができます。ドライフラワーとは違うので色鮮やかなまま柔らかい感触などを保つことができるので、結婚式が終わってもインテリアとして新居に飾ることができます。メッセージとして家に飾れば結婚式の思い出をいつまでも思い出す事ができます。プリザーブドフラワーはボックスタイプやフレームに収めたもの、ドーム型のものがあります。値段は3000円から10000円程度までとなっています。

メッセージとともにバルーンを送るのも人気です。バルーンで作った祝福の鐘やシャンパンスター、ハート、などがあります。箱から出すと2m近くにもなる大きなバルーンなので存在感抜群です。会場の受付などに置いておけば結婚式に華を添えてくれるでしょう。バルーンタイプは5000円から8500円までとなっていますが文字料金が含まれている場合もあるのでお得な祝電となっています。

そして、受け取った後も袱紗として使用できるものもあります。きれいな刺繍が施されているので上品な袱紗として実際に使用できます。袱紗は2000円台から3000円台と手頃で、結婚式が終わっても使うことができるのでとても人気な祝電です。

祝電で送るメッセージには多くの文例があります。誰に贈るかで文体が変わり、文字数で値段も変わってきます。同僚に贈る文面としては「ご結婚おめでとうございます。お二人の新たな門出を祝福し、ご家族のきずなをより深められることと共に、ご両家のご隆盛をお祈りします。」などが選ばれているようです。

電報は種類が豊富で他の人とかぶることはあまりないので、結婚式の記念になるような素晴らしいものを選んで送れば同僚も喜んでくれることでしょう。仕事で苦楽を共にしてきた同僚の結婚式に出られなくても、祝いたいという方は電報を送りお祝いの気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

定番商品