祝電を友達に送るには

メインビジュアル

友達から結婚式の招待状が送られてきたけれど、都合が付かず欠席の返事をすることになったとき、お祝いの気持ちを祝電で送るようにしましょう。

電報は電話で申し込む以外に、インターネットからも申し込み出来ます。祝電の届け先は、結婚式会場に送るのが一般的です。

結婚式の日時と結婚式場、受取人の名前を調べて、文面も考えてから申込みするようにします。受取人ですが、新婦に送る場合は旧姓にします。どちらか一人にでもいいですし、連名にしてもよいでしょう。

送られてきた祝電は当日の朝、確認をして読む電報と順番を決めたり振り仮名を振ったりの作業をするので、できれば前日の日時指定にしておいた方がよいでしょう。

友達に送るものなので堅苦しい電報を形式的に送るよりは、新郎新婦の好みにあい会場を華やかにしてくれるバルーン電報や、かわいらしいぬいぐるみ電報などがオススメです。プリザーブドフラワーがついたものなどもおしゃれで会場の雰囲気にも合いやすくよいでしょう。最近ではソフトバンクのCMでもおなじみの「お父さん電報」や、ミッフィーのぬいぐるみがセットになった「ミッフィーのブライダルフォトフレーム」など、さまざまなアイテムが出ています。友達の好みに合わせて素敵な電報を選ぶようにしましょう。

送ることのできる文字数はサービス業者によって決まっています。文字数が多くなるとその分、料金も加算されます。文字数内に収まる文章を考えるようにしましょう。ネットで調べると友達からの電報の文例集などもあります。お祝いしたいという気持ちを素直に伝えるようにしましょう。

結婚式には使ってはいけない忌み言葉というのがあり、電報の中でも用いないよう注意が必要です。

切れるや別れる、離れる、戻るなど不幸を連想させる言葉も忌み言葉です。

たびたび、やますます、くれぐれも、など重ね言葉も縁起が悪いといわれます。

結婚式の祝電は友達本人だけでなく、その配偶者や両方の両親、親族、そのほかの友人なども見る正式のものです。友人に送るからといって笑いを取る必要はありませんし、自分たちにだけ分かる話題の羅列というのも避けたほうがよいです。記念の品として友人がこれからもずっと大切に保管してくれるかもしれない正式な文章なので想いをこめながらも印象の良いものになるようにしましょう。メールや電話もよいですが、結婚式という特別な場面なのでお祝いの気持ちを電報で伝えてみるのもよいことです。

定番商品