祝電に使用されるフラワーの種類

メインビジュアル

祝電はお祝いに出席できない時に贈る電報ですが最近はぬいぐるみや花を使って可愛くしたり華やかにしてメッセージを送るようになっています。結婚式や入学式、父の日、母の日で喜ばれているのは花を使った祝電です。人気があるのはプリザーブドフラワーやバルーンフラワーの花束などで、お祝いの日に華を添える祝電となっています。

種類は花束、花アレンジメント、鉢に入ったもの、四角いフレームや丸いドームに花を敷き詰めたブリザーブドフラワー、風船の中に花が入っているバルーンフラワーがあります。バルーンタイプのものは花と一緒にキャラクターのバルーンが付いているものもあるのでお子さんに喜ばれる祝電です。

値段は花束だと5000円から20000円程度です。花束の大きさによって値段が変動してきます。花束タイプは結婚式でも送れるのに加え、母の日や父の日など、さまざまなシーンで使えます。鉢に入ったものは5000円から50000円前後です。胡蝶蘭などの高級な花を使う場合は値段が高くなります。こちらも結婚式に華をそえてくれる祝電です。プリザーブドフラワーは3000円から10000円前後です。こちらも結婚式や母の日に贈られると喜ばれます。バルーンは5000円から6000円ほどで贈ることができます。キャラクターが付く場合少し値段が高くなりますが、孫の入学式に贈れば喜ぶこと間違いなしです。キャラクター付きの電報は結婚式の祝電でも喜ばれることでしょう。バルーンタイプは他にも出産や誕生日に贈るのも喜ばれます。メッセージを入れて大体このぐらいの値段で贈ることができます。

贈る相手によっても花の種類が変わってきます。友人に贈る場合ポップな花束やバルーンタイプを送ることが多いようです。会社の同僚に贈る場合はプリザーブドフラワーや鉢植タイプが喜ばれます。バルーンタイプは色合いがポップな物が多いので誕生日や記念日、出産に贈ることができます。バルーンに模様も入って可愛いものが多いのでお祝い事に華を添えてくれます。花束は小さいものから大きいものまであるので誕生日から結婚式までさまざまな場面で使うことができます。

祝電は贈った後も思い出に残るメッセージです。そんな大事なメッセージに花をそえて贈れば大切な思い出に残ることまちがいなしです。結婚式だけでなく入学式、母の日、父の日、出産祝い、誕生祝い、記念日にぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。

定番商品