祝電の送り方と台紙について

メインビジュアル

結婚式に招待されたけれど出席できない人や招待されていないけれどお祝いのメッセージを伝えたい人は祝電を打ちましょう。

祝電に必要な情報は、電報を届ける会場の住所と部屋名、受取人の名前として会場の名称と新郎の名前または新婦の旧姓、電報を届ける日とその文面です。これらを調べてから送る手配をしましょう。

祝電を送る方法としては電報を利用する場合と郵便局のレタックスを利用する場合があります。

しかしながら、台紙の種類は電報の方が圧倒的に種類が多いです。

お祝いの気持ちを伝える手段として、手紙を送る、メールを送るといった伝え方もありますが、祝電を選ぶメリットはその台紙の種類にもあります。

祝電は披露宴の場で司会が読み上げることが定例化されており、披露宴に出席された方々がそのメッセージを聞くことも出来ます。

加えて際立った台紙や商品付きの電報を選ぶことで一層メッセージを受け取った喜びも増すことでしょう。

電報は、バルーン付きのもの、ブリザーブドフラワー付きのもの、お花付きのもの、ぬいぐるみ電報、刺繍入り台紙、有名デザイナーがデザインしたもの、漆塗りの箱、など新婚家庭にずっと置いておけるようなさまざまなプレゼント付き台紙が豊富にあるのです。さらにはバルーンに生花の入ったものまで販売されています。

人気のある台紙は結婚式といえばイメージする幸福、愛情、永遠などにぴったりのデザインのもの、気品にあふれ優雅で高級感のあるもの、サプライズ系のものなどがあります。

台紙の選び方ですが、お悔やみの場合は宗教にこだわらず使える無難なものがよいでしょう。もちろんお祝いの電報の場合も無難なものでもよいです。無料のものも用意されています。そこにさらに文章も文例をそのまま流用したものを入れたりするとあまり心がこもっているとは言えず、相手にも気持ちが伝わりません。

祝電を送る場合は、文例を参考にしながらも出来るだけオリジナルの文章で作成すること、相手の好みを考えて選ぶことが大切です。女性向けにぬいぐるみ付きのものなど人気はありますが、新婦がそのキャラクターをあまり好まない方ならもらってももてあましてしまいます。また人気のものは他の人とかぶる場合もあるので、好きだったとしても2つも3つも同じぬいぐるみがきたら新婦としても困ってしまいます。選ぶときには少し頭をひねってみて印象に残るものを送りましょう。

定番商品