結婚式などの祝電にバルーンを使ってみよう

メインビジュアル

お祝い事などには祝電を打つこともあります。結婚式などお祝いをしたいとは思いながらも様々な用事などで出席ができない時にはどんどん活用してお祝いの言葉を贈りたいものです。また、招待されていないもののお祝いをしたいという時にも活用する事ができます。

昔はシンプルに台紙にお祝いの言葉を書くタイプの電報が多かったのですが、近年はいろんなタイプがあるので、お祝い事には可愛らしいものを使うととても場が華やぐので贈った相手にもとても喜んでもらう事ができます。キュートで目を引くキャラクターのぬいぐるみや、バルーンを添えたものなどもとても人気がある祝電です。結婚式などにはカップルのペアのぬいぐるみや、ハートのバルーンなどを使ったものもとても場を盛り上げてくれるので、受け取った側からも評判が良いものです。

使う台紙を決めたら次は文面です。用意されている文面を使うのも手軽に贈る事が出来ていいのですが、自分なりに文章を考えて贈るのもおすすめです。文例などを参考にしながら素直にお祝いの気持ちを言葉にしてみて下さい。そして、気になる料金については、文字の数による電報代、そしてひらがなか漢字かでも金額は変わってきます。それにプラスして台紙の値段となりますが、この台紙に関しては通常の台紙やキャラクタータイプ、メロディーがついていたりするもの、そしてバルーンなど豊富にあります。祝電の場合には予算を決めた上でなるべく良いものを使った方が喜ばれます。

電報自体は一ヶ月前から打つことができるようになっている所が多いです。利用する業者によって変わってきますので、日程や配送方法に関しても調べておきましょう。お祝い事には間違いなく贈る事ができるように早めに準備しておくといいでしょう。ばたばたとしているうちに忘れてしまっていたという事になってしまうと大変です。

一年間を通して様々な行事がありますから、その時々に合わせて祝電も上手に活用してみましょう。おめでとうという一言をメールや電話だけではなく、実際に形にできるのが電報の魅力です。使う台紙もバルーンや花を添えたものなどいろんなタイプがありますので、気軽に楽しみながら使ってみて下さい。相手の喜んでくれる顔を想像しながら選ぶ時間もまた楽しいものです。文面などは難しいと思うなら文例集などを活用しても問題ありません。どんどんお祝いの気持ちを伝える手段として、電報は身近な存在になりつつあります。

定番商品