祝電を送る相手とその種類

メインビジュアル

祝電とは、結婚式に招待されたけれど出席できなかったり、招待されていないけれどお祝いのメッセージが伝えたいという場合に送る電報です。

電報を届ける場所の住所、電報の受取人として会場の名称と新郎の名前か新婦の旧姓、電報を届ける日、電報の文面を調べた上で電話申込み、インターネット申込みするのが一般的です。

最近はさまざまな種類の台紙が出ています。

友達への祝電は、お父さん電報や、ミッフィーのぬいぐるみがついたブライダルフォトフレームなどが特に人気のようです。

電報の料金は、商品の料金と、メッセージの文字数による文字料金によって決まります。

文字料金は、総文字数によって変動しますが、

だいたい80文字のメッセージで1文字あたり約21円で送ることができます。

中には文字料金込みの商品もあり、お得な料金で送付できますので、活用しましょう。

祝電を使用するケースとしては、例えば仲のよい友達の結婚式が遠方で行われることになった場合や、

重要な取引先の担当がご結婚される際などです。

送付する相手との関係性で、祝電の台紙も考えなければなりません。

友達が相手だったら、かわいい印象のキャラクターものの電報や、フォトフレーム付きの電報を

おすすめします。電報というとシンプルな形を想像する方も少なくないと思いますが、

最近では様々な種類の電報の台紙がありますので、選ぶ楽しみもありますし、

贈られた側の新郎新婦も、喜ぶことでしょう。

基本的には行けない・または呼ばれていないけれどもお祝いの気持ちを伝えたい時に、

便利に利用できるサービスです。

重要な取引先に送付する際は、友達の時とは異なり、ある程度の「固さ」が必要です。

特に目上の方に向けては台紙のセレクトは慎重に選ぶようにしましょう。

ただシンプルにすれば良いというものでもなく、ある程度のおしゃれ感を出す台紙も

種類豊富にあります。

例えば、刺しゅう入りの台紙や、松竹梅のチャーム付きの台紙なども販売しています。

有名デザイナーが手がけた電報などもありますので、目上の方であまり遊び心を出せない場合も

シックでデザインにこだわった電報を出すのも良いでしょう。

祝電は送る側と贈られる側の関係性と気持ちによって形を変えられます。

「メッセージ」だけではなく、「プレゼント」と考え、楽しみながら選ぶと良いでしょう。

定番商品