祝電の文例について

メインビジュアル

結婚式に招待されたけれど出席できなかったり、招待されていないけれどお祝いのメッセージが伝えたいという場合、お祝いの電報として祝電を打ちます。

祝電は会場の住所と会場名、部屋名を調べ、新郎または新婦の旧姓宛に送ります。電話で申し込んだりインターネットで申込みして披露宴の前日までには届けるようにしましょう。

届いた祝電は披露宴開始前に確認が行われ、場合によっては披露宴の会場で読み上げられることもありますし、新郎新婦や親族が見る文章です。結婚式の記念の品として新郎新婦の家庭にずっと残される可能性のあるものでもあります。送る側として最低限のルールやマナーを知った上で恥をかかない文章にしましょう。

インターネット等で調べると結婚式の電報の文例集というのは各種そろっています。それをそのまま使うのは味気ないものなので、文例を参考にオリジナリティが出せたらよいです。その際、使ってはいけない言葉というのがあります。

切れるや別れる、離れる、戻す、戻るなど別れを連想させる言葉はNGです。重ね重ね、しばしば、たびたびなど再婚を連想させる言葉も使えません。これらは忌み言葉と言って結婚式ではこれらを避けるようにするという決まりがあるのです。

文例を元にオリジナリティを出すといっても結婚式の場では年配の方も多くいます。友人同士のノリでくだけ過ぎた文章や自分たちにしか分からないことばかり文章にするのもやめておきましょう。

ただ忌み言葉と言ってもあからさまにそういう種類の言葉が出てこない限りはあまり神経質になる必要はありません。できるだけ自分の言葉で心のこもった文章で送るようにすることが大切なのです。

電報を送る際には文字数も考える必要があります。電報の場合は文字数によって金額が異なります。あまりに長くなると、その分高額になってしまうこともありますが、その時は台紙と文字料金がセットの台紙を利用すると良いでしょう。文字数が多くなっても制限文字数までは料金が変わらずに送ることができます。ただし、やはり皆の前で披露することも考えたら簡潔な文章のほうがよいです。

最近の電報は台紙もバラエティーに富んでいます。郵便局は普通の花柄と刺繍入り、漆風くらいしかありませんが、ほっと電報を利用するとブリザードフラワー付きのもの、カタログギフト付きやペーパーウェイト付き、花束付き、ぬいぐるみ電報など各種そろっています。心のこもった文章とともに、結婚祝いを兼ねた台紙選びをするのも新郎新婦へのサプライズとなって良いでしょう。

定番商品