祝電でぬいぐるみを一緒に

メインビジュアル

人生の中で祝電が使われるお祝い事は本当に多くあります。出産の祝い、初節句の祝い、七五三の祝い、入園や入学の祝い、成人の祝い、就職の祝い、結婚の祝い、結婚記念日の祝い、引越しや新築の祝い、父の日や母の日の祝い、昇任や昇格の祝い、開店の祝い、退職の祝い、長寿の祝いなどと、節目がそれぞれの人にはあります。その時に、その喜びを一緒に感じてそれを伝えるのに役立つのに祝電があります。自分だけの喜びであった日に祝電が届いた時の嬉しさは思いがけないサプライズになったりして、ずっと幸せな気分が残るものです。

その大切な人に心からの気持ちを込めたメッセージを送るのです。そのメッセージを自分自身の言葉で送ることはもちろん、中には祝電を送りたいがメッセージをどのように書いたら良いのか考えがまとまらないと言う人もいます。いろいろなお祝いの場面に相応しいメッセージが祝電には例文としてありますので、その中から自分の気持ちにぴったりと合うものを選んで届けても良いですし、例文が自分の気持ちをあらわすのにいくつも有って選ぶのが大変と思われたら、幾つかの例文の良いところをつなぎ合わせて送るのも良い考えだと言えます。申し込むのも電話やWebで簡単にできるので、喜びや感謝を相手の人に伝えるのには最適な方法になります。そうして、受けとった人にはもちろんの事、差出人の心をも満たして行くのです。

そのせっかくの祝電を送る時には台紙というのがあります。例えば祝儀を誰かにあげるときにお金をそのまま何にも入れずにあげる人はいないように、電報を送る時にもその祝儀袋に当たる台紙があります。金額や種類が数多く豊富に用意されています。可憐な感じに仕上がっている押し花、ゴージャスな感じで品格を感じさせる刺繍、可愛らしいぬいぐるみ、ぬいぐるみは特に結婚式や、子供さんの誕生日などで人気があり、新郎、新婦を感じさせるペアなどの利用が多いのです。これから家族が増えていった場合には遊び相手にもなるということでも多くの人たちの支持があります。そしてお花が好きという方には生花を加工して作られたプリザーブドフラワーがあります。生のお花の風合いを保ちながら枯れないお花ですから、長い間をリビングや寝室、玄関を華やかに飾ります。日本の伝統的な漆塗りを施した豪華で気持ちが落ち着くものなど他にも、たくさんのものが用意されています。台紙は、より気持ちを伝えるものとなっています。

定番商品