結婚式に利用する祝電の例文

メインビジュアル

結婚式には出席できなかったとしても、お祝いの気持ちを何とか相手に形として届けたいという時には電報を使うのもおすすめです。祝電として使える台紙も近年はいろんな可愛らしいものも増えていますから、結婚式の場を明るくしてくれます。いざ利用してみようと思って価格などを調べていて、それは何とか大丈夫だったとしても、実際には祝電などを打つ機会もそんなにありませんので、どんな文章にしてみればいいのか分からなくて困ってしまう人も少なくありません。

そういう時には、結婚式用に使える例文を探してみましょう。電報は一般的な文章とは少し違う感覚で作成するイメージがありますが、幾つかの文章を見てみると自分たちのお祝いの気持ちを素直に文章にしていく事もできるのではないでしょうか。幾つか定型になっているものもあるので、それをそのまま使っていくのもいいでしょう。用意されている文章に関しても、少し硬い雰囲気のものもあれば、柔らかいテイストのものがありますので、贈る相手の雰囲気に合わせて考えてみるといいでしょう。仲がいい人であればややくだけたような文章で考えるのもいいでしょうし、きちんとした文章の方がいい場合にはそちらを利用した方が後であれこれと言われたりせずに済みます。用意されている文であれば、文字数と価格も記載がありますので、そちらも参考にしておけば祝電の代金も分かりやすくなります。

自分でオリジナルの文章を考えたいというのももちろん構いません。幾つか例文を見てからそれをアレンジしてみるのもいいですし、素直に自分の言葉に置き換えて文章を作ってもいいでしょう。ユーモアを効かせてみたり、結婚する二人を祝福できるような明るい文章を心がけて下さい。ただし気をつけておきたいこととしては、忌み言葉を使わないようにすることです。これは不吉なことを連想させるような言葉を指します。他の文章を見ていても分かりますが、切れる、別れるというような言葉や再婚を連想させるようなたびたび、重ね重ねというような言葉などもありません。それらを参考にしながら、他の人も目にするのだということを忘れずに品のない言葉なども避けて祝電を用意しましょう。

難しいと思うのであれば、素直に例文を使ってもいいのです。業者によっては100種を超える文章を用意してくれています。自分のお祝いの気持ちを表現してくれる文章もきっと見つかるはずですから、可愛い台紙と一緒に気軽に利用してみて下さい。

定番商品