入学式や誕生日に電報を贈りましょう

メインビジュアル

結婚式やお悔やみで贈ることが多い電報。実際に、総務省が全国の15歳から70歳の男女715人を対象に実施したアンケート調査では、電報の利用経験がある人のうち、約84%がお祝い用に利用し、約65%がお悔やみで利用しており、それ以外の用途はごくわずかです。
最近では、ぬいぐるみ電報、バルーン電報、フラワーアレンジメント電報など、華やかな台紙をセットにした電報も増えており、それそのものが十分ギフトとして通用するようになっています。
今回は、お祝いの場面での電報活用の例として、入学式や誕生日での利用法について紹介します。

入学式での電報は「公的」「私的」の2種類がある!

兄弟姉妹や子、孫、親族の新入生個人に贈るプライベートな祝電と、新入生、新入学児童全体に宛てたオフィシャルな祝電という目的の違いです。
まず、プライベートな祝電について。
新入学にあたり、今後どのように学生生活を過ごしてほしいかなど、気持ちのこもったメッセージを作成し、電報として贈ります。
進学を機に初めての一人暮らしをすることになった子どもや兄弟姉妹に贈るのでもよいですし、離れて暮らす孫の新入学に宛ててもよいでしょう。
送る時期は厳密には決まっていませんが、入学式に合わせて贈るのがスマートです。

次いで、新入生、新入学児童全体に宛てたオフィシャルな祝電について。
こうしたオフィシャルな祝電の送り主は、入学式に参加できなかったPTAの保護者代表や、その学校のOBOG、市区町村長、教育委員会など、その学校にゆかりのある人や公的な役職についている人がほとんどです。
入学式に合わせて贈る場合は、開催日の前日までに学校宛てに届くようにします。宛名は学校名に続けて「平成○○年度 新入生の皆様」などとします。
台紙は、シンプルかつ華やかなものを選ぶとよいでしょう。ぬいぐるみ電報などにしてしまうと、あとでもらった側が困惑するかもしれないので、紙の台紙のものをおすすめします。

シチュエーションに合わせた祝電の文例

まず、プライベートな祝電の文例としては、以下のようなものが考えられます。

「入学おめでとう。10代のこの時期は二度と戻ってこないかけがえのないものです。何事もにも全力投球をして頑張ってください」
「入学おめでとう。ピカピカのランドセルを背負った姿を見られることを楽しみにしています」
「入学おめでとう。今しかできないこと、新しい出会いを大切にして、これからの4年間をすごしてください」
普段は照れくさいお祝いの言葉も、文字にすればすんなりと伝えられるものです。

次いで、新入生、新入学児童全体に宛てたオフィシャルな祝電の文例です。

「平成◯◯年度新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
保護者の皆さまにおかれましても、心よりお祝いを申し上げます。
いよいよ新しい生活の始まりです。出会いを大切にして、有意義な●年間にしてください」
「新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。新たなスタートに幸多かれと心より祈っています」
「新入生の皆さん。ご入学おめでとうございます。
晴れの日を迎え、保護者の皆様のお喜びもひとしおと存じます。
有意義な学生生活を過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます」

バルーンやフラワーアレンジメント電報でお誕生日祝いを華やかに

毎年繰り返される「お誕生日おめでとう」のメッセージも、電報にすれば一味違ったものになります。
長寿祝い(還暦・古稀・喜寿・傘寿・米寿・卒寿ほか)のほか、友人や恋人、離れて暮らす単身赴任のお父さん、孫など。普段近しく接している家族にあえてサプライズ的に贈るのも素敵です。
誕生日の電報は、誕生日当日の午前中か、誕生日パーティがあればそれに合わせて届くように手配します。
台紙は、プリザーブドフラワーやぬいぐるみ電報、バルーン電報など華やかなものを、贈られる人の個性に合わせて選んでください。最近お誕生日のお祝い電報には、お部屋の中を明るく彩ってくれる生花のアレンジメント電報や、ふわふわとかわいらしいバルーンアレンジメントが人気のようです。
お誕生日祝いの文例は以下の通りです。

「●歳のお誕生日おめでとう。いつも夢に向かって努力している姿を頼もしく思っています。素晴らしい1年になりますように!」

「20歳のお誕生日おめでとう。あの小さかった●●がついに大人の仲間入りと思うと感慨深いです。身体に気を付けて、ますます充実した日々を送って下さい。」

オリジナル文を贈るならネット電報で

通常の電報は、1文字いくらと料金が発生します。ほっと電報なら「大(162文字)」「中(192文字)」「小(387文字)」「小2(774文字)」と、伝えたいメッセージに合わせてフォントサイズの選択が可能です。
また、電話口でお祝いのメッセージを伝えるのが恥ずかしいという方も、ネット申し込みなら抵抗がないのではないでしょうか。

まとめ

今回は、入学式や誕生日での電報活用について紹介しました。あまり難しく考えずとも、電報はさまざまな用途でご利用いただけます。

定番商品