入学式の祝電について

メインビジュアル

入学式のマナーと祝電を活用

入学式を迎えられるお子様もいるのではないでしょうか。入学式では入学することができる喜びとお子様の不安や緊張が会場の中を包み込みます。一方で入学式は基本的には親族が出席するケースが多くなっているので、お子様と普段から接している親御さんの友達などは出席しないのが一般的になります。親御さんの友達は普段から子供と接しているのになにもできないの?と思われる方もいますが、何もできないということはありません。祝電をご存知の方もいますが、祝電は結婚式などのイメージが強くなっています。しかし、入学式などでも用いられることもあります。

例えば台紙にお花が描かれているタイプです。お花は祝いを表す場面で使用されるので、入学式には適しています。
その他にも花蝶があります。商品の中には「祝」とプリントされているタイプのものもあるので、送ることでおめでとうという気持ちを伝えられます。また、キャラクターなどを用いてお子様が喜びそうなものを提供してくれるところもあります。このような卒業式に適している祝電も販売されているので、親御さんの知り合いの方でも気軽にお祝いの言葉を伝えることが可能です。また、言葉に関しては業者が文例を提供してくれますが、自分の言葉で伝えることも可能です。

初めて入学されるお子様がいる方は入学式のマナーについてあまり知らない方もいるのではないでしょうか。
マナーには大まかに分けて2つあります。一つ目はおしゃべりに関してです。ママ友同士で出席される方もいるのでおしゃべりなどをしてしまう方もいますが、周囲の方は先生の話などを真剣に聞いている方もいるのでおしゃべりなどの行為は控える必要があります。二つ目は写真撮影です。現在ではスマートフォンが普及しているので、気軽に写真を撮影することができるようになりました。また、デジカメなども所有している方もいるので外出先でも気軽に撮影を行えます。お子様の姿をたくさん撮影したいと意気込んでしまうかもしれませんが、入学式での写真撮影は周囲の親御さんたちの邪魔にならないよう配慮して行いましょう。

祝電を送る際のマナーについて

何かしらのお祝いの舞台に参加することができないという場合には電報を用いる必要がありますが、電報には様々なマナーが存在しています。そもそも電報といっても様々な種類が存在していますので、今回は祝電のマナーについて紹介をしていきます。まず、一つ目は配達日についてです。送るうえで非常に大切になるのがいつまでに送れば良いのかということですが、基本的にはお祝い事が始まる前日には配達が完了しておくようにすると良いでしょう。

しかし、急な手配によって前日までに送ることができないという場合には始まる前には必ず配達が完了するようにしましょう。始まった後に到着してしまうとあまり良くありませんので、始まる数時間前には届くようにしておきましょう。万が一遅れてしまった場合には直接お祝いのメッセージを伝えるようにしましょう。

二つ目のマナーとしてはメッセージの内容になります。メッセージを打つ場合には基本的に悩むことも多くなりますが、定型文のような文章をそのまま写して打つのはあまり良くないとされています。定型文を使用するのは問題ありませんが、できる限りアレンジをして自分の言葉で伝えるようにすると良いでしょう。自分らしい言葉で伝えることによって、相手により喜んでもらうことができます。

三つ目のマナーは忌み言葉は使わないということです。祝電の場合で最も使用してはならない言葉は忌み言葉となっておりますので、電報を打つ場合には文章に気をつけながら打っていく必要があります。このように、送る際には様々なマナーがあります。電報を送る前にできる限り前もって調べておくと、相手に嬉しいと思ってもらえる電報となります。

メールで祝電を申し込むメリットとは?

電報を申し込む場合には様々な方法が存在していますが、その中でも今注目を集めているのが、メールで送る方法となります。実際に利用をすることによってどのようなメリットがあるのでしょうか?今回はメールで申し込みをするメリットについて紹介をしていきます。

まず、一つ目のメリットとは簡単だということです。電報と聞くと何かと操作が色々あって面倒だと思う方もいますが、メールの場合は申込書をダウンロードするだけとなりますので、書類を集めるのにも面倒となることはありません。
ダウンロードをしたらそのまま記入をするだけとなりますので簡単な仕組みとなっています。

二つ目のメリットは便利だということです。基本的に一度ダウンロードしたデータに関してはそのまま再利用をすることが可能となっています。再利用をすることができれば次の祝い事の場合でも簡単に使うことができるので便利となっています。このように、様々なメリットがありますので、メールを使用するという選択肢も良い方法となります。

定番商品