結婚式や入学式に贈る祝電のワンポイント

メインビジュアル

結婚式の祝電を送る際のワンポイント

祝電は様々な場面で使用されています。例えば、結婚式です。結婚式の来場者の中には、当日都合が悪くて出席することができない方もいます。このような方が新郎新婦宛に贈ることは珍しくありません。お祝いのための電報と聞くと結婚式をイメージされる方も多いように、多くの結婚式で利用されています。電報の中には可愛いキャラクターが備えられたものや、押し花が押されたものが販売されているので、多くの商品の中から選択することができます。電報を贈る際にはマナーがあるので、マナーを守って新郎新婦に贈るのが一般的です。

例えばメッセージになります。メッセージはどのような言葉を使用してもいいというわけではありません。結婚式の電報で避けなければならない言葉の一つに別れを連想させる言葉があります。例えば「切れる」、「別れる」という文言です。その他にも再婚を連想させる「重ね重ね」、「たびたび」などです。別れを連想させる言葉は使用することは少ないですが、再婚を連想させる言葉に関しては、丁寧なメッセージにしようと思い無意識に使用してしまうこともあるため、配慮して言葉を考えるようにします。

その他のマナーとしては、手配するタイミングになります。手配のタイミングは、会場が休みでなければ基本的に随時受け取ってもらえます。万が一のことを考えて、式の前日までには届くように手配をするのが一般的です。このように、なるべく早めの手配を心がけるのが良いでしょう。

タイミングだけでなく、宛名も配慮するようにしましょう。新郎新婦二人と知り合いの方はどうしても少なくなってきます。例えば、新郎とは会社の同僚であるが新婦の方とは面識がない方もいます。祝電を送る際には新郎宛で送ってしまう方もいますが、宛先に関しては、新郎新婦宛に贈るのが一般的な方法です。また、既に入籍済みでさらに披露宴出席者がそのことを知っているのであれば、宛名は結婚後の性でも良いとされることもあります。送り先は新郎や新婦の住まいではなく、結婚式会場や披露宴会場に贈ることになります。住所を間違えてしまうと正しく届かないこともあるため、確認して贈るようにすると適切な場所に届けられます。

入学式に祝電を送る際のワンポイント

祝電は入学式や卒業式などにも贈られます。入学式に贈る際には二つの宛先が考えられます。

一つ目の宛先は、入学式の日に学校に贈る方法です。基本的に学校の関係者である保護者代表のPTAやその学校を卒業したOB、市町村長、教育委員会が新入生宛に贈ることになります。そのため、入学生の親の友人はこの宛先で送ることは少なくなっています。学校宛に送ると入学式などで披露されることがあります。

二つ目の宛先は、学校宛に贈るのではなく、入学する児童や生徒個人に宛てる方法です。一つ目の宛先とは異なり、プライベート性が高くなります。入学する生徒の知り合いやその生徒の親御さんと知り合いの方が入学生に宛てて送ります。送り主の中には親戚や兄弟などが祝電を送ることもあります。

このように、入学式では基本的には二つの宛先で入学生を祝うことになります。学校に贈る際には公衆の場で披露されるためマナーを意識して贈りましょう。

入学式の祝電を電報Webサイトで手配しよう

電報Webサイトでは、入学式の祝電を販売してくれるところがたくさんあるので、電報Webサイトの選択に躊躇されている方も多くいます。電報Webサイトを選択する際にはコツがあるので、それを把握して選択することで効率的に商品を購入することができます。

一点目として挙げられるコツには、時間指定などをすることができるかどうかです。祝電を送る際には時間指定などをして贈りたいこともあります。電報通販サイトによっては、複数の時間指定ができるところもあるので、そのようなところを選択すると喜んでもらうことができる時間で贈ることが可能です。

二点目として挙げられるコツには、豊富な商品を取り揃えてくれるかどうかです。電報通販サイトによっては、様々なイメージの押し花をあしらった電報や、有名キャラクターを用いた商品を取り揃えているところもあります。バラエティあふれる商品がたくさんあれば、新入生に喜んでもらうことができる商品を選択することができます。

三点目のコツとしては、複数の注文方法を用意してくれているかどうかです。電報通販サイトによっては、インターネットからの注文はもちろんのこと、電話やメール、ファックスからも受け付けてくれるところもあるので、そのような電報通販サイトを選択すると自分が適した注文方法を選択することができます。例えば、インターネットからならいつでも注文が可能ですし、電話での注文ですと相談しながら注文することが出来ます。

定番商品