入学する人に宛てたお祝いの電報を送る方法は?

メインビジュアル

電報を送るには

昔は戦時などで使用されていたこともあり、緊急連絡手段として使用されており、一般的にあまり良くないことが多く伝達されてくることが多かったです。もちろん、全て良くないことというわけではないのですが、やはりその時代は電報はあまり良いイメージは無かったでしょう。

そんな電報ですが、現在では電話、Fax、インターネット、電子メールと進化しており伝える内容も悪いものではなくなりました。むしろ入学式や入社式などお祝い事に使われることが多くなりました。このように、現在は良いことで使われることも多いです。そこで今回は入学式に電報を送りたい方に電報を送る方法について説明します。

基本的な出し方としては取り扱っている業者に連絡をして送ってもらう方法があります。名前、送り先、メッセージなどを電話連絡して伝えることで送ることが出来ます。ただし、電話連絡の場合は営業時間が決められており、その時間内でないと手配できません。入学式など日が決まっている場合なら問題ないのですが、それ以外の緊急時などはあまりおすすめできないものです。これが電話での送り方です。

次に、業者のサイトから送ることが出来ます。こちらは専用サイトにアクセスして入力フォームに必要事項を入力するだけで送ることが出来ます。比較的簡単にすることが出来ますし、24時間対応してくれます。忙しい人には便利な方法でしょう。これは携帯電話やパソコンのインターネットサイトで利用することができるので、自分に合った方法で送るようにしてください。

このように、送る方法やメッセージをしっかりと決めて電報を送るようにしましょう。

種類を決める

電報にはいろいろな種類がありますので、送る際に選択できるところは選択をしてみると良いでしょう。基本的な送り方としては名前、送り先、メッセージを記載したものを送ることが基本的なものですが、それだけでは寂しい、また小学校や幼稚園などに入学する子供にはあまり面白みが無いということで、現在はぬいぐるみなどの付属品が付いているものもあります。

また、ぬいぐるみ以外にも綺麗な紙やメッセージを書いた紙を入れる物などもあります。それらを送る際に選択することが出来るのです。もちろん、そのような付属品を一緒に送ればその分費用が高くなりますが、送られた方はとても喜びます。特に子供はぬいぐるみをもらうと喜ぶことでしょう。このように送るものの種類を決めることが出来ます。他にもお花やバルーンフラワーなどもあります。どのようなものがあるかはその業者によって異なりますので、調べておくようにしてください。電話などを使用して送ってもらう場合は予めサイトなどで確認しておき、しっかりと決めておくようにしましょう。

また、会社によってはフォント(書体)も変えることができるところがあります。他にも文字サイズや、縦書きや横書きなどのレイアウトも選択することができます。ただし、送る場面に合ったものを選択する必要があります。ゴシック体などはおすすめ出来ない場面もあります。このように、送る目的をしっかりと理解して種類やフォントなどを決めるようにすることが大切です。

メッセージについて

電報を送る時に必ず必要な物が幾つかあります。その1つにメッセージがあります。メッセージ無しでは意味がありませんので、メッセージに関してはしっかりと考えておくようにしましょう。電話で送る場合などはすぐにメッセージを伝える必要がありますので、予めメモしておくなど準備が必要です。インターネットなどのサイトを利用する場合はある程度時間がありますが、それでもあまり長く考えていると時間を無駄にしますので注意しましょう。ですから、基本的には予めメッセージを考えておくことをおすすめします。

メッセージは基本的には普通の手紙のように書けば良いのですが、入学式などですと定番な文例というのが幾つかありますので、それを使用することで良いメッセージにすることが出来ますので考えて見るようにしてください。文例はサイトなどを確認することで見つけることができるので参考にしてみると良いです。基本的な文例が確認できたら、贈る方と自分の関係などに合わせて心がこもった文章を作るとよいでしょう。文例をそのまま使用しても良いですが、少し変えてみることでオリジナリティを出すことが出来ます。様々な例文がありますので、参考にしましょう。

小学生などの低学年ですと難しい言葉などは逆にわかりにくく、内容が伝わらないので年齢に合わせたメッセージを作るようにしましょう。そうすることで子供も読みやすくなります。ただし、就学前の子供は文字自体が読めないこともありますので、その場合は親が読むことになるため、親御さんに向けたメッセージでも良いでしょう。

定番商品