叙勲のお祝いをしたい!祝電はどうやって送ればいいの?

メインビジュアル

商品選択が重要

国が個人に対して、その功績や功労を認めて勲章を授与することを叙勲と呼び、毎年春と秋に叙勲者の発表があります。叙勲のお祝いの祝電はご自宅や勤務先宛に送るのが一般的となります。シンプルな感じで叙勲を送るという方もいるものの、拘りの商品とともに送るという方もいるのが事実です。伝統と格式を重んじた台紙仕立ての逸品に沿えて送る方もいれば、テキスタイルでメッセージを包んで送るという方もいます。当然、何が正解かは一概には言えないものです。こればかりは送る相手との距離感を考えた上での選択をすべきです。当たり障りのないものを選択するのも決して悪い事ではありません。

しかし、拘りのある叙勲のお祝いをしたいと考えるのなら、やはり拘りのある商品を選択するのがおすすめです。そして拘りのあるメッセージを添えるのも大きなポイントになってきます。叙勲のお祝いの祝電は普段そうそう送る機会がないので、いざという時にどうすれば良いのかと頭を悩ませる方も少なくないのが事実です。どういった対応をすれば良いかじっくり考える時間もなく、対応に迫られた経験があるという方もいるでしょう。そうした場合には、まず通販サイトを活用してみてください。

通販サイトを活用すれば、幅広い商品から選ぶ事ができるとともに、文例を参考にした上でオリジナルのメッセージを作る事ができます。当然その商品にオリジナルのメッセージを添えて送る事もできる為、緊急時の対応もスムーズにできます。どういった商品を選択するかによって、相手にしっかり気持ちを届ける事ができるかどうかは変わってくるものです。一概に豪華な賞品を選択するのが良いとは言えないものの、相手のイメージや送り手の気持ちなどを考慮して決めるといいでしょう。

文例を要チェック

いざ叙勲のお祝いの祝電をするのなら、当然考えないといけないのはどういった文面にするかです。文例そのままにして送るという手もあるものの、味気ないと思う方も少なくないでしょう。そして、誰にでも当てはまりそうな当たり障りのない文章のように思われてしまう事を懸念される方もいるはずです。どういった選択をするにしても、文例は参考になるものであって、文例を参考にしない手はありません。これは多数の商品を取り扱っている通販サイトに載っているものなので、まずはチェックしてみてください。

そしてアレンジをするとなると、やはりどういったアレンジをするかが大きなポイントになってきます。これは特に決まりというものはなく、相手にしっかり気持ちを込める事を意識すれば問題ありません。もちろん、文例を参考にした上でです。文章を足すとなると、追加料金がかかるものの大きな経済的な負担とはなりませんので、あまり気にする必要はないでしょう。

アレンジしたオリジナルのメッセージを送るとともに、拘りの商品を選択すれば、受け取った相手もとても気持ちがこもったものだと思うものです。相手との距離感が近いのなら、特に意識すべき点と言えるでしょう。当然文例をそのままにして送るのであっても、何もルール違反ではありません。叙勲のお祝いの祝電をされた経験が豊富な方というのはあまりいないものです。だからこそ、戸惑う事も当然多くなるものの、文例を参考にすればそうした悩みも少なくなります。オリジナルのメッセージ作りの参考にもなるからこそ、通販サイトを利用すると便利なのです。

祝電一括申込とは

叙勲のお祝いの祝電をする際には、必ずしも一件であるとは限りません。当然数件であるという方もいるでしょう。しかし、申し込み件数が多くて一件ずつの申し込みは面倒で、差出人も文面も台紙も同じであるのに、何度も同じ文面を繰り返し入力するのは手間に思う方もいるでしょう。こんな場合は、祝電一括申込が便利です。どの通販サイトを活用しているかによるものの、一括申込フォームをダウンロードして必要事項を入力し、メール添付すれば問題ありません。一つ一つの対応は面倒となるからこそ、一括での対応をすれば何も手間ではなくなります。一括申込手数料がかかってしまうものの、大きな経済的な負担とはなりません。

一括申込が可能な商品であるかどうかのチェックはしないといけませんが、分からない事があれば問い合わせをするといいでしょう。丁寧に説明をしてくれるからこそ、何も戸惑う事はなくなります。当然一件ずつの対応も難なくする事ができます。これも通販サイトを活用するメリットの一つであって、面倒な事も迅速に対応してくれるのが嬉しいポイントになります。

電話での問い合わせの場合は、音声ガイダンスに合わせて選択をするのが基本となります。そしてメールでの問い合わせの場合は、一括申込についての問い合わせと入力し、連絡先などの必要事項を入力すれば何も問題ありません。叙勲のお祝いの祝電する際に、一括申込ができるかどうかが大きなポイントになる方も当然いるはずです。商品によるものの、難なくできるものであると認識して問題はなく、スムーズな対応をしてくれるのも大きいです。

定番商品