弔電の宛名を喪主の方にして送る

メインビジュアル

弔電は突然の訃報でやむを得ない事情で葬儀に参列できない時に送るお悔やみの電報のことです。電報は故人のご冥福を祈るとともにご遺族の悲しみにそっと寄り添うことのできるメッセージです。弔電は残されたご家族のことを考えながら適切な言葉を使って送ります。文例を選んで自分らしい定型文を送ることができますが、定型文だけでは気持ちが伝わりにくいこともあるので自分の言葉でお悔やみの言葉を伝える事が大切です。自分の言葉で伝える場合は忌み言葉や市を連想させる言い回しを避けて書くことが必要になります。またメッセージだけでなく台紙も自分らしいものを選ぶとより一層気持ちが伝わります。台紙にはさまざまな種類があるので自分に合った台紙を必ず見つけることができるはずです。

そんな弔電ですが、なかなか送る機会がないので宛名をどのようにしたら良いのか迷うと思います。宛名は喪主の方にするのが一般的です。喪主の名前が分からない場合は故人のフルネームを書き「○○○○様 ご遺族様」や「○○○○様 ご遺族一同様」と書いて電報を送る方もいらっしゃいます。弔電では喪主と故人との続柄の敬称とするのがマナーです。ご遺族の父親の敬称はご尊父様、お父上様、お父様となります。母親の場合はご母堂様、お母上、お母様となります。夫の場合はご主人様、ご夫君様となります。妻の場合はご令室様、ご令閨様となります。息子の場合はご子息様、ご令息様となります。娘の場合はご息女様、ご令嬢様となります。

電報はいつどこに届けばよいのでしょうか。弔電は告別式での読み上げが一般的ですので告別式の前日に届くように指定することが必要です。ただ、届け日が早すぎてしまうと受け取って頂けない式場も多いので「通夜の日の午後」がおすすめです。届ける場所は葬儀が執り行われる寺院や会場、斎場に送ります。葬儀を自宅で執り行う場合は自宅に指定して届けます。

訃報は突然届くので電報を届けるまでに時間があまりありません。時間がない中で文章や台紙を選ばなくてはいけません。そのため、ウェブで申し込みをすれば24時間受け付けが可能となっています。電話だと8時から22時、ファックスだと8時から19時まで受付することができます。また17時までに申し込みをすれば当日中に届けることができます。

弔電の内容や台紙選びも重要ですが宛名や宛先について知っておくことも大切です。なかなか送ることのない電報ですので送り方などもよく知っておくことが必要です。

定番商品