弔電の電報のための文例

メインビジュアル

お通夜やお葬式に参列ができない場合でも、惜別の想いを尊き人に伝えることができるよう、利用できるのがお悔やみの電報のサービスです。弔電は心を込めての哀悼の念を送ることのできるサービスです。弔電にはどのようなメッセージを入れるのか、最初から自分で考えるのは大変なものです。しかし用意されている文例から選べるシステムなら、問題なく申し込みをすることができます。加えて、自分の言葉を添えるようにして、文章を完成させるとよいでしょう。

弔電の文例は、一般的によく用いられるものをベースとして、選んでいくとよいでしょう。ご逝去を悼み謹んでお悔やみ申し上げますとか、ご逝去を悼みご冥福をお祈り申し上げます、であったり、ご逝去の報に接し謹んでお悔やみ申し上げます、といった書き方も一般的なものです。文例として、ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、とつなげて書くこともできます。そのあとの文章には、心からご冥福をお祈りいたします、と付け加えるとよいでしょう。

生前にお世話になった気持ちも込めて、ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、と前置きをしてから、故人のご功績を偲び心からご冥福をお祈り申し上げます、という書き方を選ぶこともできます。ご逝去の報に接し心から哀悼の意を捧げます、とか、ご逝去の報に接し心からお悔やみ申し上げます、という書き方も一般的なものです。普通の手紙とは異なり、いつもは使わないような言葉も入れてメッセージにしますが、あまり難しい言葉は選ばなくても大丈夫です。

突然の悲報に接し誠に痛恨の極みです、と気持ちを最初に書いてから、ご家族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申しあげます、と遺族に寄り添うようなメッセージを書くこともできます。心からの冥福を祈るといったメッセージも入れましょう。笑顔が印象的であったなら、ご生前の笑顔が思い出されます、と正直な気持ちを書いてもいいでしょう。安らかにご永眠されますようお祈りしております、といった文章につなげてまとめるといいです。

基本的に弔電の文章というのは、手配をする会社の方で、豊富な種類を文例として用意してくれています。その中から適したものを選んで行くのが一般的なやり方です。どれを選べばいいのか迷うならば、王道とも言えるスタンダードな文例を選ぶことで問題はありません。そのうえで、オリジナルの文章を考えて、申し込みをするといったこともできます。文面も大事ですが、メッセージとともに伝える気持ちも大切なのです。

定番商品