弔電のメッセージとご冥福の意味

メインビジュアル

弔電を用意するのに、言葉は最初から考えずに、文例から選ぶことが多いです。弔電でよくつかわれるのは、ご冥福という言葉です。文例としては、心からご冥福をお祈りいたします、といった使われ方がスタンダードです。ご冥福という言葉は、死後の幸福を示す言葉であり、故人の死後の幸福を祈り行う仏事です。キリスト教のプロテスタントでは、一部は亡くなると神様のいる天国へ行くもの、という考え方もあります。冥福という必要が無い宗派もあります。

冥福という言葉の意味を掘り下げてみると、福はそのままの意味でわかります。冥の文字に関しては、目に見えない神仏の働きとか、死後の世界といった意味合いを含みます。御冥福をお祈りいたします、という弔電は、浄土宗やキリスト教のお葬式などでも読み上げられますが、特に問題になることもありません。仏教のお葬式の場合は、弔電の文章に天国の文字が入っていた場合は、読み上げるとき、お坊さんに許可の確認をするケースもあるようです。

弔電の文章では、ほかにも様々な表現でお悔やみの言葉をメッセージとして伝えることができます。 悲報に接し心からお悔やみ申しあげます、というように心の声をそのまま文字にすることもできます。ご遺族を思って文面を考えるので、故人のご冥福を祈りあげるばかりです、という言葉をつなげるといいです。残された人たちのことを気遣い、ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします、というような文面にしてもいいでしょう。

悲報というのは、予想もしていない時にやってくるものです。ですから、そんな心境をお悔やみに書くときには、突然の悲報に接し驚愕しております、と書いてもいいです。突然の悲しいお知らせに接し悲しみにたえません、といった書き方も、心の動揺が伝わります。そういった内容を文面に書いた後には、謹んでお悔やみを申しあげます、という言葉も入れて、メッセージをしめるようにすると、全体的にもまとまりが出てきます。

逝去の報というのは、驚きとともに、生前の姿が脳裏を走馬灯のように駆け巡ることもあります。お元気だったときのお姿ばかりが目に浮かびます、と書いてみてもいいでしょう。悲報がまだ信じられません、というその時の気持ちをメッセージとして書いても構わないです。ご遺族のことも考えて、皆様のご落胆もいかばかりかと存じますとか、どうぞご自愛くださいませ、という思いやりの言葉も忘れないように、弔電のメッセージに入れましょう。

定番商品