葬儀に参列できない時は弔電を届けよう

メインビジュアル

親戚や友人など大切な人の突然の訃報、葬儀や通夜に参列したいけれど、やむを得ない事情により参列できないこともあるでしょう。そんなときは、ご遺族の悲しみに寄り添うためのメッセージとして、そして故人のご冥福をお祈りするために弔電を届けましょう。

弔電は電話でも申し込むことが可能ですが、インターネットでも申し込むことができます。電話だとうまく伝えられないことや、急なことで文面などを思いつかないこともあるので、インターネットを利用する方が落ち着いて弔電を申し込むことができるでしょう。

デザインも様々なものがあり、白や黒のベーシックのものから、刺繍や押し花により花が描かれているもの、プリザーブドフラワーと一緒に届けることができるものがあります。個人の雰囲気にあったものなどを選ぶことが一番ですし、花が好きな人であればプリザーブドフラワーであれば、忌中以降でも御仏壇に供えておくことが可能です。状況にあったデザインにものを選ぶとよいでしょう。

申し込み期間は夕方くらいまでに申し込めば当日に届ける事が可能となります。弔電は一般的に葬儀(告別式)で読み上げることとなりますので、前日までに届くようにしましょう。届け先は葬儀が執り行われる寺院や斎場、自宅を指定しておくとよいでしょう。

弔電の宛名は、喪主の方を宛先にすることが一般的ですが、喪主の方のお名前がわからない場合は、故人の名前を書き、ご遺族様、遺族ご一同様といったように記載しておきましょう。弔電での敬称は、故人と喪主の続柄に応じることがマナーとされています。お父様が亡くなられた場合は「ご尊父様」「お父様」といったように、奥様が亡くなられた場合は「ご令室様」などと記載するのがマナーです。

文面は例文が用意されているので、急な事でどういった文面を記載したほうがよいか悩まずに、用意されている文例を選ぶことができるので安心です。文例と自分の言葉を合わせ記載することもできます。文字サイズやフォントも選ぶことができます。

料金は商品料金と文字料金がかかり、文字数により値段も変わってきます。支払方法はソフトバンクの電話料金と同時払いできる方法やクレジット決済方法があります。個人で利用する場合、法人で利用する場合等、用途に応じて、支払しやすい方法を選びましょう。

葬儀に参列できないけれど、適切な言葉を選び、ご冥福をお祈りしたい気持ちやお悔やみの気持ちを、電報に託しましょう。

定番商品