弔電のマナーについて

メインビジュアル

弔電とは葬儀や告別式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝える電報です。弔電を打つ際にはさまざまなマナーがあります。

まず訃報の連絡を受けたら通夜と葬儀や告別式の日時と場所、宗教、喪主の氏名、喪主と故人の続柄を確認しましょう。香典は通夜か葬儀のいずれかに持参をするようにしますが、遠方であったりやむをえない用事があって出席できない場合には弔電を打ちます。供花を贈ることもあります。出席できて香典を持参する場合も供花を贈る場合も先方の宗教に合わせるのがマナーです。宗教によりしきたりがあります。

打つ時期ですが、葬儀や告別式の前日までに打ちましょう。社葬など日時が早くにわかっていれば期日指定の電報もあります。会社関係や職場などで打つ場合は依頼の際に電話番号を伝えると電報料金を電話代と一緒に請求してくれるサービスもあります。電話だけでなく、インターネットからの申込みも出来ます。

送り先は葬儀や告別式が行われる会場の住所です。宛名やあて先は喪主あてにしますが、喪主の名前がもし分からないのであれば故人のフルネーム○○様のあとにご遺族様、あるいは遺族ご一同様とします。

電報の台紙はお悔やみ専用のものを選びましょう。シンプルなものだけでなく刺繍入りや生花がついているもの、ブリザーブドフラワー付きのものなどさまざまな台紙があります。受付時間は、電話なら受付時間は8時から夜の10時まで、インターネットなら24時間何時でも大丈夫です。ただし、当日配達可能となるのはその日の17時までなので注意しましょう。葬儀の1時間前くらいまでに届くようにするのがマナーです。

弔電の文章は葬儀で読み上げられることもありますし、遺族の目に触れるものです。忌み言葉など避けて正しい文章で書きましょう。重ねるやかさねがさねは不幸が重なるイメージなので忌み言葉です。また、たびたび、しばしばなども不幸が再び来るとして避けたほうがよいです。数字の九や四も使えませんし、直接的表現である死ぬや死亡、生きる、生存などの言葉も避け、ご逝去やご生前、お元気なころ、などの表現に変えましょう。インターネットで調べれば文例集があるのでそれを参考にしましょう。文章も宗教ごとに決まりがあるので、必ず先方の宗教を確認しておくようにしましょう。

遺族の気持ちを第一に考えるようにして、励ましの言葉を添えるようにしましょう。

定番商品