弔電を出してお悔やみを

メインビジュアル

訃報に際して弔電を届ける時、宛名は本来は喪主、または葬儀委員長宛が一般的ですが、故人の名前だけしか分からないという人や、どうしても故人に届けたいという人には故人の名前の前に(故)を付けて届けるのが良いでしょう。また、仕事関係の付き合いの中には故人の子供さんと結婚している人が仕事上の付き合いが有ると言う時には、喪主の名前の後に(方)をつけて、その仕事上の付き合いの方の名前を入れることも、特に失礼に当たるとは言えません。

このように、人が亡くなった時には電報を送る時にも丁寧な心遣いが大切になります。特に仕事関係の場合は今後の付き合いにも響いてくることもあります。

お悔やみのメッセージを決める時にも大切なことがあります。それは受取人、喪主や知り合いにとっての続柄です。万が一にもご尊父様やご母堂様を間違えては、謝ってもおさまらないことにもなりかねません。その時の差出人名も個人で出す場合には住所、氏名を入れて、会社関係でしたら、会社名、肩書き、氏名などを入れておくのが良いです。名前だけを入れて、受取人は分かるだろうと思っていても、同じ苗字だったり、忘れていたりしていた場合には喪主がお礼を伝えたくても、どこの誰か分からないとなる場合もあります。

そして届けする日になりますが、通夜、告別式が斎場や式場で行われるのでしたら、できれば通夜の日に届けるのが良いです。お悔やみの電報の披露は告別式にするのが一般的ですが、それを読み上げる順番を決めるとか、あまりにも届いた弔電が多い場合にはどの弔電を読むのかを、喪主と相談をします。その式全体が自宅で行われる場合には日にちを何時にするかなどを考えずに知らせを受けたら直ぐに届けるのがより心のある対応になります。

弔電を出す時には丁寧なメッセージとともに、やはり丁寧な台紙でお届けすることがおすすめです。その金額や、お悔やみに使う台紙の種類にもいろいろなものがあります。本当に気持ちだけをつたえる時の500円のものから、お悔やみに相応しい丁寧な刺繍をほどこしたもの、伝統的な漆塗りは上品で落ち着いたものです。また、故人や遺族の慰めにもなる、生花からできた枯れない花の清楚なプリザーブドフラワーなどがあります。故人を悼む気持ちと遺族の方たちへのお慰めの気持ちがより伝えられるようになります。弔電は葬儀の式に参列をする場合にも送ることはより丁寧なことです。

定番商品