弔電の送り方はしっかり知っておくのが大事

メインビジュアル

弔電を送るときにはいろいろなマナーというものがあります。

それをきちんと把握しておくことで、相手に失礼のないものを送ることができるようになるので、きちんとあらかじめどんなときでも対応できるように調べておくといいです。

弔電の送り方で大切なのは、いつまでに送るのか、ということです。告別式で読み上げられることが多いので、一般的には葬儀や告別式の前日には届くようにすることが大切です。届ける日が早過ぎてしまうと弔電を受取ってもらえない式場もあるので、お通夜の日の午後に届くようにしておくといいです。

送り先ですが、葬儀や告別式が執り行われることになった寺院や会場、斎場宛などに送ることが多いです。また、自宅で執り行われることになったときは、自宅を指定して送るようにしておきます。

このとき確認しておくといいことがあります。それは、喪主と故人の名前、宗教などです。宗教を確認する理由は、不適当な宗教用語などを避けるためにはとても大切なことだといえます。

弔電の送り方ですが、まず115という番号に電話をかけます。115の受付時間は、8時から22時までなので注意しておくといいです。14時までなら全国当日配達が可能になっています。

もし弔電を初めて送る、という場合でも、オペレーターと相談しながら進めることができるので送り方がわからないという人でも安心してお願いすることができます。

また、お悔みの言葉や文章をどんな風に書いたらいいのかわからない場合でも、様々な文例から選ぶのが普通なので、大丈夫です。自分で考えなくても、その文例のなかから選ぶことで、失礼のない文章を書くことができるようになっています。

価格は文字数と台紙代、それにオプションなどをつけた場合はそれを足した金額になります。

宛名はどんな風に記載したらいいのか、というと、喪主の方を宛先にするのが一般的です。もしも喪主の方の名前がわからないときには、故人のフルネームを書いて、そのあとに、ご遺族様、遺族ご一同様、と書くようにしておきます。

また、敬称についてですが、喪主と故人との続柄にあった敬称にしておくことがマナーになっています。

たとえば、父親が亡くなったときには、ご尊父様、お父様、お父上様などと書くようにします。母親が亡くなったときなら、ご母堂様、お母様、お母上様という風に書いておくようにするといいです。

難しく考えずにわからないことは、オペレーターの方と相談して決めるといいということです。

定番商品