弔電に関するマナーについて

メインビジュアル

弔電は事情があって参加できないが、喪主や遺族に対して弔意を表すために送るものです。そのためには、通夜や告別式に間に合うように送るのが大切です。遅くても告別式の3時間前までにはつくように送るのがマナーとされています。送り先も注意が必要です。斎場で葬儀が行われるなら斎場に送りますが、自宅で葬儀を執り行うこともあるのでその場合は自宅に送ります。

宛先ですが、一般的には喪主に送るのが通例ですが、ほかの故人の家族と知り合いならその遺族宛てに送ってもかまいません。もしくは喪主と知り合いの遺族の両方の名前宛で送っても良いです。もしくは故人の〇〇様ご遺族様宛というふうに送る方法もあります。差出名はフルネームをきちんと入れるのがマナーです。また名前だけでは分かりにくいので、住所や肩書もきちんといれるようにします。

電話で申し込む場合は、担当のオペレーターに電報の種類(お悔やみ)、届ける場所(斎場か自宅など)、喪主の名前(もしくは遺族の名前)、差出人名(フルネーム)、通信文(お悔やみの内容)をゆっくり、はっきり伝えます。電話での申し込みは受付時間が決まっていますので注意が必要です。

現在はインターネットからでも申し込みができるようになっています。24時間受け付けており、口頭での受付ではないので、文字の間違いに気が付きやすいという利点があります。またクレジット払いもできるので便利です。

弔電に使う言葉は葬祭場で読まれることを考えて分かりやすい言葉を使います。特定の宗教(仏教やキリスト教)などにだけ通用する言葉は避けます。また、「重ねる」「再三」「たびたび」「しばしば」「また」などの重ね言葉は厳禁です。「死亡」「死ぬ」「生きる」などというダイレクトな表現も禁止です。

弔電では父を「ご尊父」「お父様」「父上様」、母を「ご母堂様」「お母様」「母上様」と表現します。また現在は全部カタカナで電報を送るわけではないので、先様の名前や住所の漢字を間違えることがないように気をつける必要があります。弔電はあくまでも形式的な物なので、お世話になった方にはなるべく早く弔問するのが望ましいことです。

一方弔電を贈っていただいた方にはどのようにお礼をするのがマナーなのでしょうか?弔電を贈るということはその方は事情があり、葬儀には参加していません。そのため会葬礼状を渡してないので、お礼の手紙でお礼を述べるのが礼儀です。特に便せんや封筒に決まりがないので白色や灰色を使わなくても良いです。

定番商品