弔電を送るときには例文を活用する

メインビジュアル

訃報の連絡を受けると、まずは通夜や告別式の日程や場所を確認して、告別式か通夜に出られるか検討します。そして、告別式か通夜に出られるようであれば、喪服を着たり、数珠やバッグを用意したりと準備に取り掛かります。しかし、訃報は突然訪れます。参列し、故人を見送りたくても、時間が取れなかったり、連絡を受けるのが遅れてしまうことがあります。最後の別れの挨拶をしたいと思っても、遠方にいた場合告別式や通夜に間に合わなかったりと参列できなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時には、弔電を打つようにしましょう。弔電を打てば、その場に行くことはできなくても、お悔やみの気持ちを告別式という最後のお別れの場の葬式で伝えることができます。

ただ、故人との特別な思い出があったとして告別式の場所で弔電として語りにくいし、悲しみが先行して良い文章を思い浮かばないということもあります。また、文章が得意でない場合は変な文章を贈り、故人に迷惑をかけてしまう可能性が頭を過ぎるのではないでしょうか。しかし、本でお悔やみの気持ちを伝える例文を調べるにしてもそのまま使っていいのかと不安に感じることもあるでしょう。

そんな時、弔電を依頼する会社で準備されている例文を活用してみましょう。必ず参考になる文がどの電報を扱う会社でも提供されています。今の気持ちや状況に適合した文を選んだり、アレンジしながらお悔やみの気持ちを送り届けることができます。

例文では自分の気持ちに合った文章が見つかるか分からないと不安に感じることもあるでしょう。しかし、その種類も数百種類以上と豊富です。そのため、必ず自分の気持ちにあった文章が見つかります。洗練された文章が準備されているため、文章に自信がないと感じる場合にもお勧めです。

ただ、故人と親しければ親しいほど、文章をそのまま使うのは失礼かもしれないと思う場合もあるでしょう。しかし、そんなことはありません。その電報で届けたお悔やみの気持ちは遺族や亡くなられた方に伝えることができます。

また、弔電だけではなく、プリザーブドフラワーや小皿を一緒に届けてくれるサービスもあります。相手方によりお悔やみの気持ちを伝えたい場合には、そうしたサービスを活用してもみましょう。ただ、喪家の宗教によっては送っていい花が決まっていたり、特別なしきたりが残っている可能性もあります。そうした状況を考慮しながら選ぶと、後悔ない弔電を送ることができるのではないでしょうか。

定番商品