弔電を打つときの注意点と宛名について

メインビジュアル

訃報は突然に届きます。遠方に住んでいたり、仕事の都合で葬儀に参列できない場合、まず行うべきことは弔電を打つことです。もちろん、弔電を打っただけでは、終わりません。後日、時間ができたらお悔やみに伺うか、お悔やみ状を書いて出すことが大切です。弔電を打つということは、故人に対して哀悼の意を表すことですから、その文面は簡単でわかりやすく書くべきです。弔電は電話で申し込みもできますし、携帯から打つこともできますし、特定信書便事業認可を受けた会社の電報に関するインターネットサイトからも打つことができます。特に、インターネットの申し込みは、非常に簡素化され、お好みの台紙が選べたり(刺繍をあしらった台紙や枯れない花ブリザードフラワーを添えた物がよく使われるようになっています)、文例も豊富に載っています。自分で、文例を考える場合もこの文例集を参考にするといいでしょう。

弔電の宛名は、普通も喪主のフルネームを記載します。しかし、知り合いとはいえ喪主の苗字しかわからない場合もあります。その場合は、訃報を受けた段階で、失礼にならないように注意して、喪主のフルネームを確認しておくといいでしょう。喪主の方とは知り合いでなく、ほかの遺族と知り合いの場合は、その遺族宛に電報を打っても問題はありません。その遺族の方に会って、お悔やみの言葉を伝える代わりに弔電を打つわけですから。どうしても喪主のフルネームがわからない場合は、「故○○様遺族ご一同様」とか「故○○様ご遺族様」のように、苗字だけでもかまいません。ここで注意することはこの種類の電報を申し込むときに、差出人の正確な情報(氏名、住所、電話番号、故人との関係)を知らせておくことです。喪主や遺族に対して、後日お礼などで余計な手間や気配りをかけないようにするためです。

もう一つの注意点は、この電報のあて先の住所ですが、葬儀が行われる斎場宛にすべきです。自宅で葬儀が行われる場合は自宅あてでいいのですが、斎場で行われる場合は、自宅が留守になっている場合があるからです。できれば葬儀の前日に届くように打つべきですが、葬儀の日に届くような場合には、葬儀の始まる数時間前に届くようにしましょう。これは告別式に、この種類の電報が披露されるという理由からでもありますが、それ以上に、故人や遺族の方々に自分の哀悼の気持ちを早く伝えることによって、遺族を慰め、自分の至当の気持ちを正確に伝えることができるからです。

定番商品