弔電の申込方法と支払い方法

メインビジュアル

葬儀の知らせを聞いたけれども葬儀には参列できない場合、弔意を表すために弔電を打つ必要があります。最近ではインターネットの普及もあって、その方法も様々となっています。もちろん従来の電話で依頼する方法もできますし、最近はインターネットを利用して申し込みをされる方も多いかと思います。現在、規制緩和により多くの企業で電報サービスを行っています。電報を贈る料金や台紙にしても、会社によって価格は様々で上手く利用すれば安く済む場合もあります。今回は選択肢が広がり使いやすくなった電報の利用について紹介したいと思います。

まず、申し込み方法は以下の3種類があります。

・電話

・FAX

・インターネット

ご自身が一番利用しやすい方法で申し込むことが一番かと思いますが、インターネットを利用すると24時間受付である上に、文章も時間をかけて考えられるので一番お勧めする方法です。また、FAXを利用した方法は専用の申込書をあらかじめ用意しておけば、サッと時間をかけずに申し込むことが出来ます。個人ではなく、会社として電報を利用し申し込んだ内容を紙で残しておきたいという方にお勧めです。

気になる料金はというと、基本的に台紙料金と文字数による課金がかかります。あまり知られてはいませんが、電報会社によってはWebで申し込んだ場合と、電話で申し込んだ場合の文字数の価格が違う場合もあります。

次にその支払い方法ですが、たとえば携帯電話会社が電報サービスを行っている場合支払い方法は次の4種類があります。

・電話料金と一緒

・請求書

・クレジットカード

・インターネット料金と一緒

電話料金と一緒に支払えるのは、携帯電話会社のサービスならではの特徴といえます。

配達されるまでの時間ですが、地域によっては申し込んだ当日配達が可能です。申し込みの翌日以降のお届けであれば配達日と配達時間帯希望が可能です。弔電は遅くとも告別式の3時間前には手配するのが良いとされていますので、訃報を知ったらなるべく早めに申し込みをするのが良いでしょう。

弔電はオリジナルな文面にすることも温かみがあって良いかもしれませんが、式中で拝読されたり、親族間で読まれることもありますので、失礼のないようにある程度決まった形の文面のものを送るのが無難です。また、その宛先は喪主であり、喪主から見た故人の敬称が使われるためその敬称ごとの例文を参考にするのが良いでしょう。

定番商品