失敗しないための弔電のマナー

メインビジュアル

結婚式と並んで、電報を打つ機会として一般的なのがお悔やみの席での弔電です。
ただ、会社関係で電報を手配する部署にいる人でもない限り、日常的に打つということは少なく、いざというときにマナーがわからず頭をかかえてしまうこともあるかもしれません。
今回は、弔電を打つときに気をつけたいマナーについてもう一度おさらいしましょう。

弔電は葬儀の前日までに、喪主宛に送る

弔電はたいてい、「弔電披露」という形で、お通夜や告別式などの席で紹介されます。ただ、故人が会社の重役や社会的に交友関係の広い方だった場合、膨大な数の弔電が送られてくることがあります。こうした場合は、会社関係やお世話になった人など、遺族と葬儀の司会者との間で相談して選んだものを数通だけ紹介して、あとは送り主の名前だけ紹介されるというパターンがほとんどのようです。
弔電は、葬儀が行われる前日までに、葬儀会場に送ります。最近は、セレモニーホールや寺院などで行われることがほとんどですが、自宅で執り行われる場合は喪家に直接送ります。葬儀の準備もあるので、余裕をもって前日までに送ります。お悔やみごとは急に発生することが多いものですが、社葬やお別れの会など、あらかじめ日時がわかっているのであれば、期日指定で送ることもできます。
葬儀の日取りに加えて、喪主の名前を確認することも大切です。弔電は通常、喪主を宛先にして送るからです。どうしてもわからない場合は、「(故人の名前)ご遺族様」としてもよいでしょう。

できるだけ故人との思い出をしたためよう

ついで、気になるのが文面です。
葬儀のときには使ってはいけない言い回しとして、「忌み言葉」というものがあります。
・「死亡」「死んだ」など、死を直接連想させるような言葉
・不幸が続くのを連想させるといわれる重ね言葉
かさねがさね、またまた、返す返すも、再び、たびたび、再三など。
・亡くなった方の苦しみを連想させるような言葉
迷う、浮かばれない、苦しむ、九、など。
・宗教ごとに不適切とされるような言葉(キリスト教式の場合)
成仏、あの世、供養、冥福……など。

電報業者では、文面を考えるのが苦手な方向けに、一般的な文面例は用意しています。そうしたものを利用すれば、忌み言葉などに気を使わずに済みます。
ただ、故人と面識がある場合は、無味乾燥な文例集から選んだ文章よりも、少しでもよいので、故人との思い出をしたためることをおすすめします。
たとえば、

「Aさんのご逝去の報に接し、謹んでお悔やみを申し上げます。
いつも職場では、明るい笑顔で皆をはげましてくれたAさん。退職されてから体調がすぐれないと聞き、皆でお見舞いに伺おうと話していた矢先でしたので、大変残念です。
ご遺族の皆様の悲しみをお察し申し上げるとともに、Aさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

株式会社BB商事
営業課一同

こうした心のこもった文面を受け取れば、悲しみに沈んでいる遺族にも故人の生前の活躍が伝わり、心が癒されるのではないでしょうか。
一方、会社の社員の家族や取引先など、直接面識がない人の葬儀に弔電を手配することもあります。そうした場合は、無難に文例集から選ぶことをおすすめします。一般的な弔電の文例は以下のようなものです。

「ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。」
「●●社長のご霊前に、深く哀悼の意を表します。」
「貴社●●常務のご訃報に接し、心からお悔やみ申しあげます。」
なお、「安らかにお眠りください」は、キリスト教式においても使用できるので、 宗派がわからないお葬式に電報を打つときにおすすめです。
なお、喪主と故人の関係性に関しては、

・ご尊父様=父
・ご母堂様=母
・ご主人様=夫
・ご令室様=妻

というふうに表します。

台紙はどれを選ぶ?無料台紙は失礼?

お悔やみの電報を送るときは、電報台紙も弔電用のものを用います。
押し花で飾られたものや、色味を抑えた花柄などをプリントしたもの、刺繍台紙などがあります。
なかには、供花として飾ってもらえるプリザーブドフラワーつきのものや、漆塗りの立派なお盆や文箱に入ったものなどもあります。
価格は数百円から1万円台と幅広く、どれを使うかでもっとも頭を悩まされるかもしれません。
どの台紙を使うかは、故人との関係性やシチュエーションによって選びましょう。
たとえば、社会的に地位が高く、交友関係の広い方の葬儀の場合、先に述べたとおり膨大な数の弔電がくると想像できます。弔電披露のために、届いた弔電は台紙からメッセージだけ取り外し、ひとまとめにされます。そのため、せっかくプリザーブドフラワーや漆塗りの台紙などで送っても、遺族の目にふれることは少ないでしょう。逆に言えば、ただでさえあわただしい葬儀の席で、「この人の電報は数百円の台紙だった」なんて気にとめている人のほうが少ないといえます。葬儀会場宛の電報は、持ち帰りの手間も考えて、シンプルな台紙を選ぶほうがよいでしょう。
一方、自宅での葬儀や、初七日、四十九日などの法要に合わせて弔電を打つ場合は、ほかに送られる電報は少ないでしょうから、目にとまりやすいといえます。
供花やお供物として線香やフラワーアレンジメントつきの弔電を送る場合は、このように少しタイミングをずらして、自宅宛に送ることをおすすめします。

参列者が電報を送ってもいいの?

通常、お悔やみの席に電報を打つのは、遠方だったり都合が悪くて直接葬儀に出られない場合ですが、参列者が弔電を打ってはいけないという決まりはありません。
たとえば、大規模な葬儀の場合、故人にゆっくりお別れの気持ちを伝えたり、遺族にお悔やみを伝えたりする時間がとれないことがあります。そうした場合、悲しみの気持ちを伝えるために、別途電報を送るのもひとつの方法です。

まとめ

以上、お悔やみの席に弔電を打つ場合のマナーについておさらいしました。
身近な人の不幸を耳にしたら、葬儀に駆けつけて直接お悔やみの言葉をかけることができたら、最良ですが、予定や場所の関係でどうしても駆けつけるのが難しい場合もあるでしょう。そんなとき、お悔やみの気持ちを遺族の方に対して伝える手段として、電報を活用してみてはいかがでしょうか。

定番商品