お葬式で役立つ弔電文例集

メインビジュアル

別れはつらく悲しいものですが、人生を過ごす中で必ずついてまわるもの。とくに、年齢を重ねるたびに、その回数や悲しみは増してくることでしょう。
親しい方の訃報を受けたとき、あなたはどうしますか。直接葬儀に駆けつけて、遺族と悲しみを分かち合い故人にお別れを述べられたら最良ですが、物理的な距離やさまざまな事情で、それがかなわないことがあります。
そうしたときに、役立つのが電報です。今回は、お悔やみの電報(弔電)を贈るときに役立つ、シーン・間柄別の文例集を紹介します。

弔電のマナーをおさらいしておこう

お悔やみの席には、日常あまり接することがない特別なマナーが存在します。それは、弔電を贈るときも同じです。
特に気にしたいのは、「忌み言葉」を使わないということ。忌み言葉とは、不吉な言葉や言い回しとされている言葉のことで、不幸がこれ以上重ならないようにするために避けるものです。この考え方には、日本の古くからの言霊信仰(言葉に出すことである物事が実現してしまう、それだけ言葉にはパワーが宿っているという考え方)がベースになっていると考えられます。
忌み言葉は、具体的に以下のようなものです。

・「死去」「死亡」など、死を直接連想させる言葉
「死ぬ」ことを表現する場合は、「逝去」「他界」「訃報」などの表現でカバーしましょう。
・「かさねがさね」「たびたび」「また」など、不幸の連鎖を連想させる重ね言葉
・「迷う」「九」「苦」など、亡くなった方の苦しみを連想させる言葉
・キリスト教式の場合は、成仏、あの世、供養、冥福……なども使いません。
なお、喪主と故人の関係性に関して、正式には父はご尊父様、母はご母堂様、夫はご主人様、妻はご令室様というふうに表します。
ただ、文章の流れによっては、口語的に「お母さん」「お父様」「奥さん」「●●さん」といった呼び方を使ってもよいでしょう。

無難な弔電の場合は文例集を活用しよう

個人的な関係はそれほど深くなくても、取引先や社員の家族などの場合は、今後も関係性を大切するために弔電を打たなくてはいけないシーンもあるでしょう。
そうした場合は、電報事業者があらかじめ用意している文面から選ぶと失敗がありません。一般的な弔電の文例には以下のようなものがありますので参考にしてください。

「ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。ご遺族様の悲しみを思い、胸がふさがる気持ちです。」
「ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。」
「●●社長のご霊前に、深く哀悼の意を表します。」
「このたび●●常務ご逝去の報に際し、当社 取締役一同、心からご冥福をお祈り申し上げます。」

上で説明したように、「冥福」はキリスト教式では使えない忌み言葉です。そのため、どういった宗派で葬儀が挙げられるのかわからないときのために「安らかにお眠りください」は、キリスト教式でも使用できる文言なので、覚えておくとよいでしょう。

故人と面識がある場合の文例

故人と面識がある場合はありきたりな定型文よりも、少しでもよいので故人との思い出をしたためた弔電をおくることをおすすめします。例えば、こうした文例はどうでしょうか。
「●●さんが他界されたとの知らせを受け、まさかという思いです。最後に会ったとき、また来年、学生時代に行きつけだったあの店で忘年会をしようと約束したときの笑顔を思うと、胸がしめつけられる気持ちです。ご本人も、さぞかし無念だったことと思います。
また、つらい闘病を支えてこられたご遺族の皆様のお悲しみを思うと、言葉もありません。悲しみの中かとは存じますが、どうぞお疲れをいやし、お体をご自愛ください。
来年の夏休みには、必ず●●さんのご墓前にご挨拶に伺います」
こうして、生前に故人と交わした会話や思い出をしたためることで、葬儀の参列者にもどういった方だったのかということが伝わりますし、もしかしたら遺族も知らなかった故人の新たな一面を、改めて知らせるきっかけとなるかもしれません。

オリジナル文ならネット電報がおすすめ

ネット電報の場合、オンライン上で文章を打ち込んで申し込むので、忌み言葉など文章の推敲もしやすくなります。通常メールを送るときなどと同じ感覚なので、素直な感情のこもった文章が書けることでしょう。
また、電報は1文字当たりいくらという料金体系ですが、電話よりもネットで申し込んだほうが料金が安くなるというサービスもあり、分量のある文章を贈るのに向いています。

まとめ

今回は、お悔やみの電報(弔電)を贈るときに役立つ、シーン・間柄別の文例集を紹介しました。電報は文字でのコミュニケーションですから、TPOに合わせた気持ちのこもった文面で贈りたいものです。
直接葬儀に駆けつけられないときなどに、お悔やみの気持ちを表す手段として、電報を活用してみてはいかがでしょうか。

定番商品