弔電について

メインビジュアル

弔電を送る時に知っておきたい情報

お世話になった人や友人など、知り合いが亡くなったときには、できる限り自分で直接足を運んで最後の挨拶をしたいところですが、中には遠方に住んでいてどうしても行くことができないという方がいるかと思います。
こういった理由がある場合には、弔電を送るという方法があります。しかし、弔電を送るのが初めてだという方は、どこに送れば良いのかということについて悩む方もいると思うので、今回は送る時に知っておいた方が良い情報について紹介をします。

まず、どこに送れば良いのかということですが、実は送る際にどこに送ればよいのかという決まりは特に存在していません。自宅に送りたいという方は送ってもマナー違反になることはありませんし、葬儀式場に送っても問題ありません。
しかし、ある程度のマナーはあり、特に自宅に発送するという場合には、葬儀や告別式の前日には届くようにするのが最低限のマナーとなります。間違っても葬儀の日を過ぎてから送るというようなことはしないようにしましょう。
また、宛名について、どのように書いたら良いのか分からないという時も場合によってはあるかと思います。そこで、名前が分からない時の書き方についてですが、宛名は「故○○様ご遺族様」というような形で書くことがマナーとなります。

また、葬儀の際は弔電を送られてくる数が多いので、差出人と亡くなった方の関係性が分からず誰が誰だか分からなくなることがあります。できる限り送る側も気を遣って住所や氏名、会社名、肩書きなども添えるとご遺族の方にも分かりやすくなります。このように、弔電を送る時には特に場所などの決まりはなく、簡単に言うと送りたい場所に送るのが良いとされていますが、最低限のマナーは存在します。あて先や差出人は分かりやすいように書くというのが一番良い方法となりますので、送る際にはこれらの最低限のマナーは守るようにしましょう。

弔電のマナーについて

そもそも弔電はお葬式に何らかの理由で参列することができない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるために送るものとなっていますが、送る際のマナーはどのようなことがあるのでしょうか?今回はマナーについて詳しく紹介していきます。
まず、弔電を送る時期についてですが、原則としてお葬式の前日までには送られているのがマナーとなります。しかし、葬儀の場合は急な連絡の場合が多くなっているので、すぐに準備をするのが難しいという時もあります。そのため前日までに届くのが難しいという場合には、当日、もしくは葬儀が始まる前には届くように送りましょう。

それでも手配が間に合わない時は、間に合わなくてもいいから弔電を送るというのではなく、一度冷静になり、喪家またはご遺族の方電話などで参加をすることができないということを伝え、後日改めて故人の自宅に弔問に伺い、直接お悔やみの言葉を伝えるようにしましょう。どうしても電話でしか伝えられない時は、本来なら葬儀に参列してお悔やみを申し上げなければならなかったのですが、諸事情により参加をすることができなかったということを手短に伝えるようにしましょう。長話しは基本的にはNGになります。

このように、送る際にはマナーがあるので、しっかりと前もって調べておくようにしましょう。また、文例についてですが、宗教などによっても書き方が変わってきます。仏教の場合や神道の場合、キリスト教徒の場合などによって文例が変わってくるので、しっかりとマナーを守りたいと思っている場合には、きちんと確認して文面を考えると良いでしょう。

弔電を打つときにはインターネットを利用すると便利です

葬儀が行われる場合は前もって知らされている場合は少なく、基本的には知らせを受けた2日か3日後くらいに行われることがほとんどなので、人によっては弔電を申し込みむ時間をなかなか取れないという方もいるかと思います。
申し込みむ方法としては、郵便局で申し込みむ方法や、電話で申し込みむ方法などがあり、今ではインターネットを利用して申し込みむことができるようになっています。

インターネットの便利なところは、受付の時間が限られていないというところです。郵便局や電話の場合はどうしても受付できない時間帯がありますが、インターネットの場合は時間が制限されることはなく、24時間受け付けが可能となっています。24時間受け付けが可能だということは、仕事で忙しいという方でも、夜遅くに申し込んでも問題はありません。いつでもどこでも申し込みむことができるというのはとても便利なサービスとなっています。
最近ではインターネットが主流になってきているので、ネットからも申し込みができるということを知っておくといざという時に便利です。

定番商品