お悔みを伝える時は電報を利用しよう

メインビジュアル

お悔みの電報を送る際に知っておきたい情報

大切な知人が亡くなってしまった場合、本来ならば通夜や葬式に参列をするのが当然となりますが、何らかの理由によって参列することができない時には、喪主や親戚に弔意を表す電報を送ります。電報の種類はたくさんありますが、その中でも特にマナーに配慮したいものが弔電です。中には、送ったことがない方もいるかと思いますので、今回は送る前に知っておいた方が良い情報を紹介します。

先ほども説明しましたが、弔電とは相手側に弔意を伝える意味で送る電報です。ですから、遅くとも告別式に間に合うように手配をするようにしましょう。送り先は、葬儀がおこなわれる場所になるので、自宅で執り行われるのであればら自宅に指定をし、寺院や会場、斎場であればそれぞれの場所に送るようにしましょう。

弔電はいろいろな文例が存在しています。今まで送ったことない人にしたら、どのような文例で行くっていいのかわからない方もいることでしょう。そのようなときに、故人との続柄に応じた参考文例が多数あるところで送った方が、問題なく弔電が送れます。
そして誰宛に送るかということですが、基本的に喪主宛に送ります。通常は、喪主から見た敬称を使用するのですが、送り主が喪主ではなくて他の遺族との知り合いであれば、その知り合いの遺族宛でも問題ないでしょう。なにより「直接会場でお悔みを伝えたいが、電報で申し訳ありません」という意味で送ります。その気持ちを述べることが重要なのです。しかし、気になるのであれば、「(喪主名)様方・(知り合いのお名前)様」などといったように送るといいでしょう。
このように、知っておきたいポイントは多くあります。はじめて送る初心者の方は、前もって調べておくと問題なく送ることができます。

もし弔電が葬儀に間に合わない時はどうすればいいの?

大切な知人が亡くなってしまった時には、できる限り通夜や告別式に参列をすべきなのですが、中には、仕事が忙しくて行けなかったり、海外に行っていてすぐに帰国することが難しく参列できないという場合もあります。葬儀に参列できないと分かったのであれば、お悔みの気持ちを伝える電報を利用することが基本となります。

電報は、葬儀がおこなわれる前夜、もしくは通夜の日の午後までには届けるように手配しましょう。しかし、中には指定日までに電報を送ることができないことも考えられます。たとえば、日にちを間違えてしまった場合や、連絡が来るのが遅くて間に合わなかったという場合などさまざまです。もちろん回避しなければならないのが当然なのですが、予期せぬ出来事でそのような事態になってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

こうした場合、葬儀の後だとしてもなるべく早い段階で、香典と一緒に手紙を出すようにしましょう。その手紙の内容は、お悔みの言葉が遅れてしまったことに対してお詫びを記入したあとに、自分が伝えたいお悔みの言葉を書きます。弔電を送れなかったと言って何もしないというのはマナー違反です。もし会って直接伝えたいのであれば、お宅に訪問してもいいですが、落ち着いたころに訪問するのがベストでしょう。もちろん、指定日までにきちんと弔電を送ることが大切なのですが、このような時にも対処できるよう知識を身に着けておきましょう。

お悔みの電報を送るにはどのような方法があるの?

お葬式や通夜に参列できない場合に、お悔みの言葉を故人に伝えたいと感じるのは当然のことです。惜別の言葉をしっかり伝えられるようにするためには、どのような方法があるのでしょうか。

以前からある方法は電話でお悔みの言葉を伝える方法です。受付時間が限定されているので、受付時間以外には送ることできません。しかし、インターネットから送るのであれば、好きな時間に送ることができます。申し込み方法も簡単です。
サイトによって異なりますが、まず、サイトに掲載されている電報の中から好きなものを選択します。お悔みの言葉を伝える弔電の種類は、刺繍がはいったものや押し花がほどこされたものや、織物になったものなどさまざまです。中には、プリザーブドフラワーと台紙がセットになったものや、有名な伝統工芸監修の小皿とセットになった電報もありますので、最適なものを送るようにしましょう。

そのあと、お届けしたい日にちとお届け先の郵便番号で配送できるのかをチェックします。問題なければ、お届け先の住所などを入力していきます。そして、お悔みのメッセージを入力します。メッセージは例文などが記載しているサイトもありますので、参考にしてもいいでしょう。レイアウトを確認して、支障がなければ支払い方法を選択し、これで完了です。
このような簡単な流れで送ることができるのです。料金は、商品代金以外にも文字料金が加算されます。それに、オプションをつけるのであれば、その分も加算されるので頭に入れておきましょう。

定番商品