弔電の事なら全てお任せ

メインビジュアル

多くの方々が実は未経験の弔電

その存在自体は認識していても、実際に自身が携わった経験が一度も無い、いわば雑学の世界の中の存在の一つに「電報」が挙げられるかと思います。まだ電話すら一般家庭に普及する以前、電報こそが最速の意思疎通サービスでした。必要最小限の文字数で確実にメッセージを届けるべく用いられる独特の表現も見られ、ご年配の方々にとっては懐かしい通信アイテムとして記憶されているかと思います。そんな電報の最大のメリットだった「速さ」も、電話やメールの前には意味を為さなくなって久しく、結果電報自体が淘汰されたかと言えば、その限りではありません。
全く違う価値観から重要な役割を担い、今日も私達にとって有意義な通信サービスとして活躍の場を確保し続けています。

今日私達が電報を受け取る、あるいは突然届ける必要に迫られるケースとして思い浮かぶのが、どなたかのご不幸の知らせが届いた時でしょう。弔電すなわちおくやみ電報をお届けする事で、葬儀に参列出来ずとも惜別の想いを届ける事がかないます。何よりお悔やみに際しては、言葉を選ぶのにも窮して当然ですが、弔電であれば簡素な表現と文字数の中に哀悼の意を込める事が可能です。

訃報は突然届きます。時に勤務先などで「○○宛に弔電を打っておいてくれ」という指示を受けるケースも想定されますが、電報を打った経験が無ければ当然、この時点で立ち往生から対応に窮してしまわないとも限りません。こうした展開は私達の日常生活においても同様で、有事に備えていつでも電報が打てる、全てお任せできる連絡先をキープしておく姿勢が求められます。今日初めて電報を打たれるエンドユーザーにも親切丁寧に対応して貰える専門業者が、多くの方々の想いを1通の電報に乗せ、業務を続けています。

予備知識ゼロでも心配無用

いざ弔電を打つとなっても、自身に予備知識は皆無同然に加え、何よりおくやみの文言が浮かばないとなれば、焦る気持ちばかりが膨らむ中、時間ばかりが過ぎてしまいます。こうした状況下に置かれないためにも、ぜひこの機会にインターネット検索機能を用い、有事に即連絡できるサイトをブックマークしておいてください。相手先に届く弔電の外装も幅広く、お届け先にマッチした図柄の選択がかないます。また弔電に関する基礎知識なども全て画面上で紹介されていますので、予備知識としてご一読から頭の片隅に留めておかれる事をお薦めします。

Q&A形式で多くの方々が抱かれるであろう疑問に関しても簡潔に説明されており、大概の不安もクリアされますので心配無用です。直接お声掛けするには言葉が見つからず、さりとてメールというのも失礼というシチュエーションに最適な電報ですが、今日存在する通信手段としては最速とは言えず、依頼から相手先に届くまでには相応の時間を要します。
「いつ届けるべきか」「いつまでに打てば間に合うのか」「24時間常時受け付けてもらえるのか」といった事項に関しても明記されていますので、電報が届く流れを正しく把握しておきましょう。こちらの意向を正しく伝えておけば、後は全て任せておいて大丈夫です。1度実際にご利用になれば、次から不安を覚えられる事はありません。

今後どれだけ通信サービスがさらに高度に発達を遂げようとも、私達の「こころ」を届ける電報が淘汰される事は無いでしょう。然るべき場面での活用が人間関係を良好に保つ鍵を握っています。電報という意思疎通手段をぜひ、皆さんの有事のコミュニケーションツールに加えておいてください。

公私いずれの場面でも活用可

ご勤務先の総務課などに配属されている方々であれば、取引先関係各位への弔電対応も大切な職責に違いありません。
豊富な経験からご自身なりの一連の流れを確立されておられて当然ですが、新たに配属されて来る後輩達への引継資料を作成されておいてはいかがでしょうか。平成世代にとって電報は古い漫画や小説の中に登場するアイテムであり、結婚式の披露宴で司会者が読み上げて紹介する慶事専門の手紙の一種だと捉えておられるケースも否めません。
社会人の先輩として正しい基礎知識を教唆される上でも、取引先間の電報を用いた意思伝達は有効な実務教材と言えるのです。

同時に電報は私達の日常生活においても、常に届けられる環境を整えておくべきコミュニケーションツールです。
突然の訃報に対し、諸事情でどうしても駆けつける事がかなわぬ展開は珍しくありません。お取り込み中の先様に電話やメールでお悔やみをお伝えする訳にもいかず、さりとてスルーは失礼この上ありません。こうした訃報を受け取った側の苦しい立場も行間に忍ばせ、想いと一緒に届けてくれる通信手段、それが弔電です。葬儀を終えて一段落から静かに故人を偲ばれる際、遺族の方々が届けられた弔電にあらためて目を通された時、皆さんの「想い」を今一度確かめられる事でしょう。

勿論おくやみ電報と疎遠な毎日を過ごせるに越した事こそありませんが、大切な方々との最期のお別れは避ける事が叶わないのも現実です。日常私達が意識する事は無い通信ツールだからこそ、備えあれば憂いなしの依頼先の確保が大切です。ぜひこの機会に有事を想定から、十分な備えが整っているか否か、ご確認いただければ幸いです。

定番商品