弔電を送ろう

メインビジュアル

弔電を送るタイミングはいつ?

訃報をいただいたときにはお通夜や葬儀に参列するというのが基本ですが、基本的には急なので、どうしても何らかの理由で参列することができないという方もいるでしょう。参列をすることができないという場合には、弔電を手配するのが一般的ですが、ここで悩むポイントとしてはどのタイミングで送るのかという点です。タイミングで悩む部分はたくさんあるので、ここではどのようなタイミングで送るのがベストなのかについて紹介します。まずタイミングを知る前に確認しておきたいのがお葬式の流れです。基本的な流れは初めに通夜が行われ、その後葬儀、告別式という流れで行われます。流れを知った上で送るタイミングとして通夜と葬儀のどちらかで悩むでしょう。例えば葬儀当日に配達をするとなると会場の混雑も予想されるので、できる限り避けた方がいいでしょう。また、準備の都合なども考えてできる限り葬儀の前日に送るのがベストなタイミングです。

また、通夜に弔電が届くのは失礼なのか気になる方が多いですが、基本的に贈るタイミングは訃報を受けてからすぐに送るのがマナーになるので、早く届くことで失礼にあたることはありません。そのため、通夜に送りたい人は通夜が始まる前や始まるタイミングで届くように送るといいでしょう。続いて弔電はいつまでに間に合うように届けるべきなのか、具体的に知りたい方も多いでしょう。基本的に送るときには、葬儀において喪主より読み上げされるのが一般的で、その時刻になる前に届けることが必須です。具体的に説明すると、葬儀の場所が斎場の場合は葬儀開始の3時間前がタイムリミットと考えてもらえればいいでしょう。また葬儀の場所が自宅だという場合は斎場よりも当日の混雑が予想されるので、前日中に届けるのがマナーです。その他にも弔電が万が一間に合わないという場合ですが、こういった状況になったら送ることを諦めるのがベストです。基本的に葬儀後でもいいから届けようとする人がいますが、間に合わないとマナー違反となり、遺族に失礼なのでマナー違反とならないようにしましょう。しかし、何も送らないのもマナー違反なので、こういった場合には葬儀後にお悔やみの手紙を送るようにしましょう。このように、タイミングはいくつかあるので、送ったことがない人は正しい方法について調べておくといいです。

弔電を送る時にやってはいけないこと

学生の時は弔電を送ったことがなくても社会人になると送る機会が増えることもあります。何度か送ったことがある人は問題ありませんが、初めて送る人は失敗をしがちです。特に葬儀などマナーに気を付けなければいけない場面となるので、やってはいけないことをしないように注意しましょう。ここでは失敗しないためにも守っておきたいマナーについて説明します。まず、基本的な間違いをしないことです。具体的に説明をすると、宛先や故人の続柄などを間違えてしまうと大変失礼にあたるので、基本的にこういった間違いは少ないですが、知らないうちに間違えているということもあるので、書き終えた後はしっかりと確認する作業は忘れないようにしましょう。またよくやってしまうミスとしては、忌み言葉を使ってしまうことです。基本的に不幸が続くことをイメージさせる言葉に関しては縁起が悪いので使用は避けましょう。例えば死去や死亡など死を直接連想させる言葉はどうしても使用しなければならない場合は、他界や訃報などの代わりの表現を用いるのが一般的です。

また、度々や再びなど重ね言葉も苦しみを連想させる言葉になってしまうので、使わないように注意しましょう。その他にも送り方を間違えないことです。中には郵便局から送る人もいますが、基本的にはネットサービスから送るのが一般的なので、送り方は事前にチェックしましょう。このように、送る時にはいくつかやってはいけないことがあるので、遺族を悲しい思いにさせないためにもマナーは守ることが大切です。

弔電の申し込み方法

弔電を送る時には専門的に行っているサービスに申し込みをすることが基本ですが、申し込み方法もいくつかあるので、ここでは種類について紹介をします。まず1つ目はインターネットからです。メリットとしては24時間いつでも申し込みたいときに送れることです。時間を気にしたくない人は利用するといいでしょう。

続いて2つ目は電話です。受付時間はそれぞれ異なり、8時ごろから22時ごろまでとなっていますが、電話は手軽にできるので手間をかけたくない人は電話から申し込みをするといいでしょう。その他にも3つ目はFAXでの申し込みができます。例えば複数の申し込みを手軽に済ませたい場合や、申し込みの記録を紙で残したいと思っている人はFAXでの申し込みについて検討するといいでしょう。このように弔電の送り方にはさまざまな申し込み方法があります。

定番商品