スピードお届け|弔電(お悔やみ用)

「弔電差出代行」により、提携式斎場へ弔文の差出を代行する商品です。
お届け可能なホールの一覧はこちらからご確認ください。

#

提携式斎場への差出代行台紙

  • [並び順]
6件あります

おすすめ文例

大切なあの人の突然の訃報、やむをえない事情があって葬儀には参列できないけれど、せめてお悔やみの気持ちを伝えたい。そんな時は【ほっと電報】の弔電サービスをご利用ください。弔電は、故人のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の悲しみに静かに寄り添うためのメッセージです。もちろん弔電を打つ方にとってもやりきれない、気の重いもの。残された家族のことを考えながら、適切な言葉づかいで、できるだけ早く、哀悼の意を電報に託しましょう。【ほっと電報】では、豊富な文例を用意しているため、あなたに合った弔電文をお選びいただけます。ただ、定型文だけでは気持ちが伝わりにくいので、文例を参考にしながらも、あなたの言葉で、お悔やみの気持ちを届けて下さい。言葉を選ぶ際には、忌み言葉や、死を生々しく表す言い回し、大げさな表現などを使わないよう気をつけましょう。例えば、不幸が重なることを連想させたり、ご逝去された方の不幸を連想させたりする表現は、故人を悼み、残された人たちがその後も生きてゆく節目としての葬儀の場にふさわしくありません。また、喪主と故人との続柄を敬称を使って表すのも重要なマナーですし、喪家の宗教やしきたりにも気を遣うべきです。【ほっと電報】は、こうした弔電における心配りの負担を、少しでも減らせるよう、お手伝いをさせていただきます。 弔電の台紙の選び方も、電報に不慣れな方には悩ましい問題でしょう。【ほっと電報】ではお悔やみのための台紙を豊富に取り揃えております。シンプルなものから、袱紗(ふくさ)、漆芸(しつげい)、押し花などの台紙のほか、プリザーブドフラワーや生け花がついているものなどがあります。弔電文の装いとしての台紙は、葬儀に出られないあなたに代わって、言葉とはまた違う形で、ご逝去された方を悼み、ご遺族を思いやる気持ちを表すことができます。文例とあわせて、心のこもった台紙選びで、あなたらしい弔電を届けましょう。 ご利用の方法も簡単です。【ほっと電報】のWebサービスでは、「電話での電報お申し込みよりも料金が割安に」、そしてインターネットなので24時間のお申し込みが可能、いつでもトップページから配送・配達状況を確認することができます。ご利用頂いたお客様からも、「インターネットからの注文で不安もありましたが、TOPページから配送状況も確認でき、安心することができました。」という声を頂いています。また、Web会員登録(無料)をしていただくともっと便利にサービスをご利用いただけます。電報の代金をソフトバンクの電話料金(おとくライン・クイックライン)といっしょにお支払いいただけます。宛先、差出人、文例をテンプレートとして保存可能で、最大30通の電報を一括申し込みすることもできます。 充実した商品ラインナップと、サポート体制を持つソフトバンクグループのほっと電報を、ぜひご利用下さい。