ご利用ガイド

ほっと電報とは

~想いを形にして届ける~

ほっと電報は、ソフトバンクグループの
PSコミュニケーションズ株式会社が提供する電報サービスです。
私たちはお客様からお預かりする大切な想いが込められたメッセージを、
ご指定いただいたお届け先様へ心を込めてお届けいたします。

※総務省認可「特定信書便事業者」が提供する電報類似サービスで、その提供条件が電報に準ずるもの。 ほっと電報とは

ほっと電報の特徴

  • 100種類以上の
    こだわり台紙
  • 800種類以上の
    文例をご用意
  • フォントや画像で
    メッセージを
    デコレーションできる
  • 選べる
    お届け時間帯
  • 選べる
    お支払方法
  • 旧字体での
    お申し込みにも対応

お届け内容

メッセージを印刷した紙を台紙(商品)に添えてお届けいたします(下記参照)。
配送地域・商品によって、「信書便サービス」 「郵便差出代行サービス」「宅配差出代行サービス」「弔文差出代行サービス」 いずれかのサービスでの配送となります。お申し込みの際にはWeb画面で配送サービス種別をご確認ください。

お届け内容

よくあるご質問

Q. 書体(フォント)は選べますか?
会員登録をしていただくと、基本の3フォント(毛筆・明朝・ゴシック)に加えて、50種類のユニークなフォントをお選びいただけます。文字の大きさや色も変えられるので、印象に残るメッセージを作成できます。
Q. レイアウトは選べますか?
「縦書き」「横書き」をお選びいただく事が可能です。
Q. メッセージの文字サイズは選べますか?
「大(16pt)」「中(14pt)」 「小(10pt)」のほかに、「20pt」「24pt」「36pt」「48pt」を用意しています。
Q. メッセージは何文字入力できますか?
最大文字数はメッセージ欄が774文字、差出人(署名)欄が120文字となります。
※お悔やみ用スピードお届け対応の「郷想」「追懐」では、メッセージ欄・差出人(署名)欄あわせて180文字までとなります。

電報とは? 電報の歴史と「ほっと電報」

電報は電話が今のように一般的になる以前に緊急連絡手段として使われていました。1960年台から電話やファックスが使用されるようになり、現在はメールなど様々なメッセージツールが生まれたため、緊急連絡として使われることは少なくなりました。
電報は今では冠婚葬祭の祝電や弔電に使用されることが主になります。 その用途から、昔のようなシンプルなメッセージを送るものとしてではなく、様々な台紙やギフトがセットになっている電報も販売されています。
「ほっと電報」は2009年に電報受付電話番号「115」番が、NTT東日本、西日本以外にも解放されたことから誕生した、ソフトバンクのグループ会社である「PSコミュニケーションズ」が提供している電報サービスです。