結婚式の電報について キャラクターものが人気

メインビジュアル

結婚式はその人にとって人生で最も幸せな瞬間かもしれません。そんな幸せな結婚式の席に招待されたけれど、仕事などの急用でどうしても出席できない場合もあります。また仕事でお世話になっている得意先の方が結婚する際、結婚式に招待はされていないけれど、祝福の気持ちを日頃の感謝の気持ちも込めて伝えたい場合があります。このような時に電報は非常に便利なツールとなります。この電報を送ることによって、結婚をされるお知り合いの方と今後もより一層良好な関係を築くことができたりします。また電報は結婚式の披露宴の中でも司会者に紹介されます。紹介の方法は様々で、名前、所属、本文と全てが読み上げられるものもあれば、一部が省略されるものもあります。つまりその披露宴会場にいる招待客全てに、電報を送ったことが知らされます。ここに一人でも知り合いがいれば、この人は細かい気配りができる人だな、と思われ、周囲の人とも良好な関係を築くことができたりもします。

そんな電報ですが、最近はミッフィーなどのキャラクターのぬいぐるみやバルーンと一体となった電報も存在します。こういったものを送ると、新郎新婦はぬいぐるみやバルーンを飾ることができ、いい思い出となります。ぜひこういったインパクトのあるものも送ってみて下さい。

ちなみに送るタイミングですが、最近は午後の挙式、披露宴であれば当日送っても間に合うものもあります。しかし、新郎新婦は結婚式の前の控え室などで、これを読んだりもします。そのことから最低でも前日に届いている方が無難でしょう。できれば2?3日前に結婚式、披露宴会場に届くようにしておくと、天候などのトラブルに左右されることなく確実に届くので、それが理想的です。ちなみに当日の1ヶ月前から予約することができるようになっています。

宛名の書き方に関してですが、2人宛てに送るようにしましょう。また、2人が入籍している場合であっても新婦は旧姓で宛名を書くようにしましょう。宛先に関してですが、宛先は式、披露宴が行われる会場に送るようにしましょう。また文書の長さに関してですが、文書の長さは200~300字にしておきましょう。もし長すぎたり、短すぎたりすると、式の司会者の方が本文を読み上げる際に、印象が悪くなってしまいます。言葉を厳選して本文を書くようにしましょう。また本文の最後には自分自身の名前を記入することを忘れないようにしましょう。

定番商品