結婚式のお祝いの気持ちを伝える電報の魅力

メインビジュアル

結婚式に出席できなくてもお祝いの気持ちを伝えたい場合は電報を送るという方法があります。今ではメッセージに加えて花やバルーン、ぬいぐるみなどいろいろなオプションを付けて贈ることができます。オプションを付ければ会場に華を添える事が出来たり、結婚式が終わっても思い出として残す事ができます。電報がかぶらないように今ではたくさんの種類があります。新郎新婦の衣装を着たぬいぐるみやキャラクターの付いた写真立てなど色々な種類があります。

友人の結婚式に贈るのに人気なのは、お祝いの場を盛り上げるかわいいキャラクターです。電報を開けるとキャラクターが花束を持って飛び出てくるものや、ウエディング衣装を身にまとったキャラクターの写真立て、そしてぬいぐるみ付きの祝電が喜ばれています。写真立てやぬいぐるみは結婚式が終わっても家に飾ることもできるので、人気の祝電となっています。

同僚の結婚式に贈るのに人気なのは二人の門出を華やかに演出するものです。プリザーブドフラワーはドライフラワーと違い色鮮やかで感触も柔らかいのが特徴で自宅に飾ることもできます。さらにボックスタイプやフレームタイプ、ドーム型タイプ等もあって選ぶのも飾るのも楽しい祝電です。バルーンタイプの祝電も人気です。バルーンで作った祝福の鐘やハート、シャンパンなどをメッセージとして贈ることができ、箱から出せば2mを超えるので会場の盛り上げ役になってくれること間違いなしです。さらに、同僚におくるフォーマルな物としては袱紗としても使える祝電が人気となっています。淡い色に刺繍が施されているものもあり受け取った側が袱紗として使うことができます。

上司に贈るのに人気なのはモダンでハイセンスなデザインがお祝いを華やかに盛り上げてくれるものです。刺繍が施されているものや、電報を包んでいる布が風呂敷やストール、タペストリーとして使うことができるもの、祝電を留めているチャームは結婚式の後にインテリアやバックチャームとして使えたり、メッセージと共に飾り皿が贈れるものなど上品な祝電が喜ばれています。

電報はメッセージを送るだけでなく、式の後に飾れるものや使えるものが人気となっています。ぬいぐるみやバルーンなどユニークな物と一緒に送れば一層気持ちが結婚する二人に伝わるでしょう。結婚を祝いたいけれど出席できない時はお祝いの気持ちを伝えるために電報を送ってみてはいかがでしょうか。

定番商品