結婚式に送りたい電報

メインビジュアル

親類や、友人知人の結婚式は、こちらの気持ちも浮き立たせてくれる華やかで喜ばしい出来事です。出席させていただけるのはもちろん嬉しいことですが、招待する側される側の折り合いがつかず、どうしても列席が叶わないという場合もあります。

そんな時に是非とも利用したいのが、電報です。駆けつけることは出来なかったけれど、一言お祝いの言葉を差し上げたい時、これほど便利なツールはありません。電報は、スピーチなどと違い、余計な緊張を強いられることもなく、スムーズに、かつスマートに気持ちを伝えられるものですので、存分に活用されることをお勧めします。

電報は、伝えたい言葉や文章を、事前に充分推敲・吟味できるのが、最大のメリットではないでしょうか。最近の結婚式では、いわゆる忌み言葉など、使ってはいけないとされている言葉の規制が緩めになっている傾向が見られますが、電報は「言葉」そのものが人目に触れるものですので、やはり出来る限りの配慮をして、喜んでいただくのが一番良いのではないかと思います。

ですので、まずお祝いの言葉(送りたい文章)を、軽く下書きしておくと安心です。使ってはいけない言葉を使用してはいないか、それに加え、何より心からの喜びの声を反映出来ているだろうかといった点に気を配りながら、長尺も頭の隅に置きながら、書き上げるのが良いでしょう。電報の受け付けは、1か月ほど前から始まります。祝電を打つと決まったら、早め早めにこうした下準備を始めることで、万全の態勢でより良い電報を送ることが出来ます。

最近は、祝電というカテゴリーの中だけ見ても、大変たくさんの形態で送る事が出来ます。新郎新婦に扮したクマのぬいぐるみを添えてほっこりしてもらったり、大胆なバルーンアートをあしらったもので会場を沸かしたり、自分の個性に見合ったものを選ぶことが出来ます。一方で、シンプルでありながらセンスを感じさせてくれるものもありますし、どんなものがより自分を表現出来るかということを考えながら選ぶのも楽しいものです。

結婚式への祝電ですので、文章も装丁も、華やかでいて、一番大切な「お祝いの気持ち」をしっかり伝えられるような一通を送ることが出来るように、細心の注意を払って送ってみてください。祝電は後々まで手元に残るものですので、主役の新郎新婦を始め、ご家族の皆様方にも、最高の式だったと振り返っていただけるような、喜んでいただけるような言葉で、素晴らしい日の思い出を飾る一役をかえるようなものを送ってみてはいかがでしょうか。

定番商品