結婚式を挙げる二人に贈る電報とは

メインビジュアル

結婚式には出席できないけれど二人の結婚式を祝いたいそんな時は電報を送るとお祝いの気持ちが伝わります。電報の送り方にはさまざまなタイプがあります。さらに送る相手によっても電報の種類は変わってきます。友人に贈る場合や同僚に贈る場合、上司に贈る場合などさまざまなシーンによって送る種類が変わってきます。さらに文例も送る相手や送る側によって変わってきます。

友人に贈るお祝いにはキャラクターものが人気でメッセージに加えてバルーンやぬいぐるみを添えて送ると喜ばれます。クマのぬいぐるみが新郎新婦の衣装を着ているものは他の人とかぶらない上に結婚式の思い出がいつまでも残る贈り物となります。さらにキャラクターの付いたフォトフレームを送れば結婚式の写真を入れることができるのでいつまでも思い出を残しておくことができます。バルーンだと132㎝の巨大なキャラクターバルーンを送るので華を添えることができます。

同僚へ送る電報ではフレッシュな二人の門出を華やかに演出するものが人気となっています。プリザーブドフラワーを添えて送れば結婚式後に新居に置くことができるおしゃれな電報です。可愛いケースが付いて比較的低価格なので喜ばれています。またインパクトのある大きさのバルーンもあります。祝福の鐘をバルーンにして送れば受け付けなどにも置けるので、会場に華を添えることができます。

目上の方に送る電報はモダンでハイセンスなデザインが喜ばれています。高級感あふれる刺繍で飾られたものや、シックな色合いの布で包まれたものがあり、結婚式が終わっても風呂敷にもスカーフにも、さらにはタペストリーとしても使用することができます。裁縫が得意な方ならポーチやティッシュカバーにすることも可能です。

祝電を送る場合、贈る側との関係性があったものを選んで送ります。親戚家族から送る場合や甥・姪から贈る場合、そして職場関係から送る場合も文章が変わってきます。さらに贈る相手が新郎相手、新婦相手、新郎新婦へ、新郎新婦両親へ贈る場合もそれぞれ文例が変わってきます。

祝電の種類はとてもたくさんあります。ぬいぐるみからフォーマルな物まで贈る相手によって選ぶことができます。種類がたくさんあるので他の人とかぶらないのはもちろんのこと祝電を送ることによって思い出に残ること間違いなしです。結婚式に出られないけれども、お祝いをしたいと思っている方は祝電を送ってみてはいかがでしょうか。

定番商品