結婚式電報の文章は文例を参考に

メインビジュアル

電報とは、本来手紙より早く届く連絡手段として利用されていましたが、現在は結婚式や葬儀、お祝いごとなどの時にメッセージを贈る形式的なものとなっています。

結婚式の電報は、通常、当日の式に参列できない場合に会場に送付します。最近は海外挙式や入籍のみのカップルも増えていますが、その場合は自宅に送るのが一般的です。電報を贈る際のマナーとしては、会場と日時を確認し、式が始まる1時間前ぐらいまでに送付するのが基本です。宛名は新郎、または新婦の名前を間違えないように、新婦は旧姓で送るのが通例です。新郎、新婦連名にすることも可能です。

また、電報の文章は文例集などを参考にするのがおすすめです。その理由は忌み言葉といって、結婚式などのお祝い事にはタブーとされる言葉があるからです。例えば、終わる、切れる、別れる、離れる、戻す、返すなどといった言葉は別れを連想させるとされています。他にもたびたび、重ね重ね、しばしば、くれぐれ、くりかえし、などといった重ね言葉は、再婚を連想させるとして使用を控える言葉になっています。文例をそのまま使用する場合はよいのですが、自分でオリジナリティのある文面を作成したい場合には、このようなタブー視される言葉を使用していないかどうか注意する必要があります。

最近ではインターネットが普及し、電報も簡単にネット注文できます。台紙形式のもの以外にも、ぬいぐるみ付きやフォトフレーム付き、プリザーブドフラワーやインパクトのあるバルーンなど、サプライズ感があったり、結婚式後も飾ったり、使用したりすることのできる商品が豊富です。友人へ、同僚へ、目上の人へ、などと贈る相手にふさわしいデザインが多数用意されているショップもあります。贈る相手によって選ぶことのできる文例も豊富です。一般的なお祝いの文面に加え、新郎、新婦へ、家族から、職場関係者からなど贈る立場から文章を簡単に選ぶことができます。

一般的に電報の料金は、商品の料金に加えてメッセージの文字数の料金が加算されるものと、商品の料金に文字料金が含まれているものがあります。商品によって最大文字数が若干異なる場合もありますが、メッセージの分量によって好みの料金設定を選べます。インターネット画面から入力指示に従っていけば、短時間で注文が完了します。配送先や注文した時間帯にもよりますが、急ぎの場合は当日配送が可能である商品もあり、大変便利です。

定番商品