結婚式の電報にはぬいぐるみなどもある

メインビジュアル

結婚式で送ることが多い電報にはいろいろな種類のものがあり、受け取った人を楽しませてくれています。

いろいろな種類のものがあって、ぬいぐるみやプリザーブドフラワーや飛び出すイラスト、ハートをイメージしたものなどもあります。送りたい相手に合わせて選ぶことができるというのがとても人気があるということです。

結婚式の電報で気をつけたいのは、やはりメッセージです。受け取る相手に不愉快な思いをさせないように気をつけて、言葉遣いも考えておくようにします。

電報を送ることができる会社のサイトなどでは、例文として文章を選ぶことができるところもあります。もし、なかなか文章が決まらないときは、それを選択する、ということもできます。

まずは、宛名と送り先ですが、宛名は送る相手と受け取る相手の関係によっても少し変わってきます。一般的には結婚されるご夫婦の名前を連名で書いて送るようにしますが、もし新婦の方の宛名で送るときは、旧姓で送るようにしておくといいです。籍を入れていない状態なので、旧姓なのですが、もしすでに籍を入れていて、それが周知の事実である場合は、結婚したあとの姓で送ってもいいということです。

また、送り先は必ず結婚式や披露宴にしておくことが大切です。その会場に、遅くても式の1時間前までには届くようにしておくことです。早めに準備をして、時間指定などにしておいてもいいです。地域によっては当日に配達することができない、というところもあるので、早めに送っておくのがいいのです。

ぬいぐるみやプリザーブドフラワーなどは、自分の好みでも、相手の好みでもいいのですが、種類が多いのが楽しいですが、早めの選んでおかないと、時期的なことも関係して売り切れてしまっている場合もあります。

なので、もし結婚式などの日程などがわかっている場合は、売り切れてしまう前に日付指定で送っておくというのもいいかもしれないです。

それから、お祝いのメッセージですが、長すぎないように気をつけることが大切です。

大体200文字から300文字程度にしておくと読みやすいです。はじめにお祝いの言葉を伝えてから、相手への気持ちや祝福の文章を送るようにしておくといいです。

難しい文章でなくとも、丁寧に考えたものなら、気持ちはきちんと相手に伝わるので大丈夫です。

文章では、忌み言葉というお祝いの文章では使わないものもあるので、それを使わないように気をつけるようにしておきます。

新郎新婦には、晴れやかな気持ちで式をあげてほしい、という心を届けるようにしておくことが大切です。

定番商品