結婚式の電報のお祝いメッセージは文例を参考に

メインビジュアル

電報を結婚式に送りたい、というときに、どんなお祝いのメッセージを書いたらいいのかわからない、という人もいます。

そんなときは、結婚式のお祝いのメッセージの文例を参考にしてみると考えやすいです。

結婚式の電報で気をつけたいのは、やはり受け取る相手が不愉快になったりしないように、言葉遣いを丁寧にしておくということです。あまり長々とした文章も読みにくくなってしまうので気をつけるようにしておきます。

また、電報を送るときに気をつけることはいくつかあるのですが、宛名を間違えたり、送り先を迷ったりしないように、きちんと送り方を知っておくことが大切です。

送り先は必ず結婚式の式場か披露宴の会場にしておきます。自宅などに送ったりしないようにしておくことが大事です。

送り先や宛名の名前などを間違えたりしないように気をつけるようにします。

最近は電報にもいろいろなものが増えてきています。たとえば、バルーンを利用したものや可愛いぬいぐるみなどを一緒に届けるもの、プリザーブドフラワーを送ることができたり、写真も飾れるフォトフレームなどを添えることができるものなど、たくさんのものがあるといいます。受け取る相手によって送るものを変えることができるというのが人気です。相手の好きなものを選ぶことができますし、お祝いの気持ちのひとつとして送ることができるのもいいということです。

送るタイミングですが、できるだけ早めに手配をしておくのが大切です。結婚式がはじまる1時間前には届いているようにすることで、式場で電報のチェックをする人たちが助かりますし、披露宴などで読まれることもあるといいます。会社によっては、大体1ヶ月ほど前から手配をお願いすることができるようになっているところもあります。あらかじめ日程がわかっている場合は、この手配の方法でお願いしておくのもいいかもしれないです。

お祝いのメッセージは例文を参考にすればいい、と書きましたが、気をつけることがあります。

それは忌み言葉です。結婚式の電報で避けたい言葉というと、切れる、別れる、離れる、戻るなどの別れを連想させるものは避けておくべきです。それから、重ね重ね、ふたたび、というのもその人によっては再婚などを連想させるということで嫌がる人もいるので気をつけておくといいです。

難しく考えずに、素直な気持ちで相手に自分の気持ちを伝えるようにすればいいのです。

ただ、マナーだけはしっかりと守っておくことが大切です。

定番商品