結婚式の電報のメッセージは丁寧で長すぎないこと

メインビジュアル

結婚式に電報を送るときに、はじめての場合、何もわからなくて迷ってしまいますが、きちんと調べて、早めの行動するようにしておけば安心です。

電報のメッセージなどは、受け取る相手が嬉しいと感じるような文章を考えておくようにするといいです。

結婚式の電報は、その送る相手によって多少文章のイメージを変えるようにしておくのも大切です。たとえば、友人などの場合は多少のくだけた表現などを用いた文章にしても喜んでもらえるかもしれないですが、会社関係の結婚式などには、必ず丁寧なメッセージを送るようにしなければいけないです。

難しい文章を考える必要はなく、相手に祝福の気持ちが伝わればそれだけでいいのです。

電報を送るときには、気をつけなければいけないことがいくつかあります。

たとえば、メッセージで気をつけておくべきことは、ひとつめが、忌み言葉を使わない、ということです。忌み言葉というのは、お祝い事などで縁起の悪い言葉とされているものです。切る、分かれる、割れるなどの別れを連想させるような言葉、そして重ね重ねという繰り返す、ということで、再婚を連想させるという言葉も使わないように気をつけなければいけないです。

それからふたつめですが、あまり長い文章にはしない、ということです。お祝い事ですから、祝いたい気持ちをしっかりと文章にしたい、という気持ちはわかりますが、文字数にも制限がありますし、長くても200文字くらいにしておくのが一番相手も読みやすいのでいいということです。

電報の送り先や宛名のこともしっかりと調べておくようにします。

まず、電報は結婚式や披露宴などの会場に送るようにしておきます。決して、相手の実家や新居などに送ったりしないことです。そして、宛名ですが、一般的には、結婚するお二人の名前を連名で書くようにしておきます。ですが、もし新婦や新郎のどちらか一人としか知らない、というような関係の場合は、その相手の名前のみにしておいてもいいです。新婦のみに送る場合は、旧姓で送るようにしておきます。入籍済みで周囲の人もそのことを知っている場合は、新しい姓を宛名にしてもいいということです。

それから、結婚式などがはじまる1時間ほど前には届いているように気をつけなければいけないです。

地域によっては、当日にその会場に届けることができない場合もあります。なので、早めの手配をして、きちんとその当日には届くように考えて準備をしておくことが大切です。

定番商品