結婚式の電報の宛名は結婚する二人の連名がいい

メインビジュアル

結婚式で送る電報で注意することは、いろいろとありますが、まずは宛名を間違えないこと、そして宛名の書き方と送る場所をしっかりと書くことです。

電報の宛名を書くときには、結婚をするご夫婦の名前を連名で書くようにしておくのが一般的ですが、もし結婚する二人のどちらか一人としか関係がないのなら、一人の名前にしておいてもいいです。

ただし、新婦に電報を送る場合は、旧姓を使っておくことが大切です。入籍前なので、旧姓がいい、ということなのですが、もしもすでに入籍のみしていて、結婚式をあとで行うなどで周囲の人が入籍していることを知っている場合は新しい姓で書いてもいいということです。結婚式や披露宴では電報を読まれることもあるので、お祝いの言葉の最後には自分の名前を書いておくようにします。

また、送るタイミングですが、会場で式がはじまる、最低でも1時間前には届いているようにしておかなければいけないです。地域差がありますが、当日に会場に届かないという可能性もあるということで、早めに手配をしておくことが大切です。

最近では、配送の1ヵ月前から申し込みをすることが可能な会社などもあるということで、式の日付などがわかっていれば配送の準備を早めにしておくことも可能になります。

メッセージで気をつけることは、忌み言葉と長すぎる文章です。

忌み言葉というのは冠婚葬祭で使うのを避けるべき言葉としていろいろなことがあります。たとえば、切れる、割れる、離れるなどの言葉をそういいます。また、お祝いの気持ちをきちんと伝えたいということで長々と文章を書いてしまうのもよくないです。お祝いのメッセージは大体200文字から300文字程度にしておくと相手も読みやすいですし、十分に気持ちも伝わります。

電報を送るときに知っておくといいことに料金のことなどがあります。

電話で行っている祝電の申込みなどは、一般的に電話に出たオペレータにその場でメッセージを伝えて出来た文字数によって料金が変わるといいます。また、そのサービスの中で、結婚式の祝電文例というものがあり、文章の番号を伝えてメッセージを書いてもらう、というものもあります。

結婚式にふさわしいメッセージを送りたいものですが、最近では可愛らしいぬいぐるみやバルーン、飛び出すイラストなどを工夫して電報にしているものも増えてきています。送りたい相手に合わせてそれらを選ぶようにしてもいいかもしれないです。

定番商品