結婚式の電報にはかわいい種類のものも多い

メインビジュアル

結婚式の電報にはたくさんの種類のものがありますが、最近はとくにかわいいぬいぐるみやバルーン、デザイナーの手がけたシックなデザインの台紙など、素敵なものも増えてきています。

受け取る相手が喜んでくれるような電報がいろいろとあるので、迷ってしまうほどだといいます。

結婚式の電報を送るときには、事前に日程などがわかっていれば、最近では大体1ヶ月ほど前なら送る手配をしてもらえる会社などもあるので、そういった会社を利用してみるのもいいです。素敵なものは、時期的なことで急に売り切れてしまったりすることもあるので、大変です。なので、早めに手配をするようにしておくといいです。

また、結婚式の電報なので、メッセージを送るときには使ってはいけない言葉というものがあります。

たとえば、忌み言葉という冠婚葬祭では避けられている言葉がそうです。切る、分かれる、割れる、離れるなどの言葉のほかにも、重ね重ね、というものやたびたび、という言葉も再婚をイメージさせるということであまり使わないようにしておくといいということです。

送るタイミングと手配の方法ですが、まず、送るタイミングはできるだけ当日、式がはじまる1時間前には届くようにしておくことが大切です。一般的にはお祝い電報というものは、披露宴の歓談している最中に司会者から読み上げられることが多いです。なので、できるだけ早めに届いているほうがいいのです。

また、電報の宛名ですが、一般的にはご夫婦の連名で書くようにするのが当然なのですが、もし新婦の方だけ、新郎の方だけしか関係がない場合は、どちらか一人だけの名前でも大丈夫だといいます。また、新婦の方へ送るときに気をつけたいのが、名前は旧姓にしておく、という点です。もしすでに入籍していて、それが周知の事実の場合は新しい姓でもいいのですが、基本的には旧姓で書くようにするのが当たり前です。

送り先の書き方ですが、大体結婚式や披露宴などを行う会場宛にしておくことが多いです。実家などに送ることはないようにしておきます。住所は間違えがないようにきちんと確認をして書くようにしておくことが大切です。また、祝電は披露宴で紹介されることがあるので、文末には必ず送り主の名前を入れておくことを忘れないようにしておきます。

メッセージで気をつけたいのが、文字数が多くなりすぎるということです。

お祝いのメッセージはあまり長くなりすぎないようにしておくことが大切だといいます。

定番商品