結婚式の電報は前日までの申込を

メインビジュアル

結婚式に電報を出す場合は大抵は、配達するのは結婚式当日にするにしても、申し込みは早めにするのは一般的です。お悔やみの時のように急に行われるものではないからです。出席をするつもりだったが行けなくなったので電報を出すという人がいても当日に連絡というのはあまりない事で、その代わりに電報で気持ちを伝える人も、前日までには申し込みをします。でも、中には、全く覚えていなかったのか、たまたま思い出したとか、絶対電報を出そうと思っていたのが忙しさに紛れて、出し損ねた人もいます。

あわてて電話をしてきて今日の挙式だが間に合うだろうかと、聞いてくる人がいます。当日の朝早い挙式、披露宴には間に合わない時もあります。その時にどうしても駄目でも良いから届けて欲しいとの依頼があった場合には、式場に届けても、受取人の手元に行くかどうかの確約は取れないことと、一旦配達をした場合には料金も全額かかるのを了承して貰えば受付はします。しかしその時に生花も一緒になどの希望は受けられません。花屋との連絡に時間も必要ですから、できかねるのです。

しかし、朝早くに気づいて、結婚式が夕方から行われるという場合でしたら、その式場がある場所にもよりますが、お届けは可能になります。

その電報と一緒にお届けできる台紙になりますが、その時はやはり、制約が出てきます。生花はやはり一緒にお届けするのは無理になります。そうでなくても結婚式に生花と一緒にと言われる方には、披露宴会場にある花はほとんどが両家のものになるので、出席者に持ち帰って貰う人が多いのを伝えます、その上で、お花を希望される方には、枯れないお花、プリザーブドフラワーをおすすめします。寝室やリビング、玄関、どこに置いてもぴったりなものです。生花は2人が旅行に行かれた場合の世話を親御さんがされて、結局帰ってきた時には花がしおれていた事になると折角の気持ちも台無しになるからです。可愛らしい結婚にはとても相応しいペアのぬいぐるみなどはおすすめです。2人の時にはもちろんですが、お子様が生まれた後にはまた、遊び相手としても役立つと人気があります。

他にも清楚な感じの押し花や綺麗で上品な刺繍、伝統工芸の様式で作られた二羽の鶴が舞う漆塗りなどがあります。心のこもったメッセージと一緒にお届けすると、送り主の祝いの気持ちがより伝わるものが金額も500円から幅広くあります。センスのある贈り物の一つとしても喜ばれます。

定番商品