結婚式の電報にはギフト付もある

メインビジュアル

結婚式に送る電報にはいろいろなものがあるといいます。

ギフト付の電報なども最近は人気があって、ぬいぐるみやプリザーブドフラワー、フォトフレームが一緒になっているものなどもあるということです。

ギフトには、受け取る人が好きそうなものや、便利なものをセットにしておく、というのが人気で、結婚式にふさわしいものを選ぶようにすることが大切です。

結婚式の電報は受け取る相手をお祝いする気持ちが大事なので、ぬいぐるみやブリザーブドフラワー、飛び出すイラストなどのものも人気が高いといいます。

電報を送るときには、必ず注意しておくところがあります。

たとえば、宛名と送り先ですが、宛名は本来なら結婚するご夫婦の名前を連名で書くのが当たり前です。ですが、実は新郎新婦のどちらかとしか面識がない、という場合は、そのどちらかの名前で書いてもいいということです。ただし、新婦の女性に送る場合は、宛名は旧姓にしておくように気をつけます。

もしもすでに籍を入れている、という場合は、新しい苗字でもいいのですが、その場合は周囲の人間がすでにそのことを知っている、ということなら大丈夫です。

送り先は式場や披露宴会場などにしておきます。実家などには送らないように気をつけることです。

また、電報を手配する時期ですが、できるだけ早めにしておくようにします。

会社によっては1ヵ月ほど前から配達の予約を受け付けてくれるところもあるといいます。あらかじめ、日程を知っている場合は、そのようにしておいてもいいかもしれないです。

結婚式の電報は披露宴などで読まれることが多いので、お祝いの言葉などを伝えて、文章を考えたあとは、きちんと最後に自分の名前を書くようにしておきます。

それから、お祝いのメッセージなどはあまり長くなり過ぎないようにしておくことが大切です。あまり長い文章だと読むのも大変ですし、文字数の制限などもあります。

なので、できれば200文字くらいから300文字の間でおさまるようにしておくといいということです。

相手が受け取って嬉しいと感じるものを考えて、結婚式にふさわしい言葉遣いをするようにしておくことも忘れないようにしておきます。いくら親しい人へのものでもあまりくだけた表現にしすぎるのはよくないので、丁寧にお祝いのメッセージを伝えることができるようなものを書くようにしておくことです。結婚式の当日の式が始まる1時間前には届いているように手配をしておきます。

定番商品