結婚式におすすめのキャラクター電報とは?

メインビジュアル

結婚式に招待されたけれど、どうしても用事があって出席できないというような場合には、相手にお祝いの電報を送りましょう。

気のきいた電報を打つことができたら、新郎新婦だけでなく、ご両親からも喜ばれることでしょうし、さらに、かわいらしいぬいぐるみを添えれば、披露宴会場が華やかになって、ますます新郎新婦の印象に残ることでしょう。

昔は、押し花やオルゴール付きの電報などが主流でしたが、最近は、メッセージとともにぬいぐるみやバルーンを添えて贈るものが人気です。

ぬいぐるみにはいろいろな種類があり、定番のものとして、新郎新婦を連想させるクマのぬいぐるみがよく知られています。

クマが人気なのには理由があり、「bear(ベア)」には「クマ」という意味のほかに、「出産する」「結ぶ」という意味もあるため、 結婚式にはぴったりだからです。

クマの他にも、子供の向けの絵本のキャラクター「ミッフィー」も喜ばれますし、クマ以外の動物がモチーフとなった新郎新婦のぬいぐるみもあります。ぬいぐるみ電報の種類は、およそ10種類以上もあります。このような電報は、結婚式が終わってからも、インテリアとして部屋に飾っておくことができることがメリットです。

押し花電報は、披露宴が終わるとすぐに片づけてしまいますので、見返す機会がなかなかありません。

また、バルーンを送った場合、背の高い物だと、新郎新婦にとっては持ち運びが大変というデメリットもあります。そういった事情を考慮すると、ぬいぐるみは、場所もとらず、いつでも飾って結婚式のことを思いだせる素敵な贈り物と言えるでしょう。

値段は、会社によって、ぬいぐるみの大きさや素材、取り扱っているキャラクターなどによって異なりますので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。会社によっては、ぬいぐるみの料金とメッセージの料金が別になっていることがあり、その場合は、文字数の多いものを送ると値段が高くなりますので注意が必要です。また、ぬいぐるみを送る場合は、送る相手の好みにあったものを送るようにしましょう。特に、好みが分かれるようなものを送る時は要注意です。仮に、送る側が好きなデザインだとしても、受け手側も好きだとは限りませんので、事前に受け取る人の好みを確認しておくと安心です。よく分からない場合は、誰もが知っている有名なデザインのぬいぐるみ電報を送るようにしましょう。

定番商品